JUJUがエンドソング歌唱、ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』新予告篇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

JUJUがエンドソング歌唱、ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』新予告篇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
JUJUがエンドソング歌唱、ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』新予告篇

JUJUがエンドソング歌唱、ディズニー&ピクサー映画『ソウルフル・ワールド』新予告篇


 ディズニー&ピクサーの最新アニメーション映画『ソウルフル・ワールド』の新予告編が公開された。

 『カールじいさんの空飛ぶ家』『インサイド・ヘッド』で2度のアカデミー賞に輝いたピート・ドクターが監督を務めた『ソウルフル・ワールド』は、生まれる前に「どんな自分になるか」を決める魂の世界を舞台に、夢を叶えたい音楽教師ジョーと人間に生まれたくないソウルの女の子22番の人生のきらめきをめぐる冒険を描いた作品。ディズニー公式動画配信サービス「ディズニープラス」で12月25日17時から独占配信される。

 新予告編には、JUJUが歌う日本版エンドソング「奇跡を望むなら...(ソウルフル・ワールドver.)」を使用。生まれる前のソウルの世界が明らかにされている。

 ピート・ドクター監督は、作品に込めたメッセージについて「まだ生まれていない新しい魂のキャラクター22番を登場させることで、人生がいかに素晴らしいかを映画を通じて語りたいと思いました」とコメント。

◎配信情報
『ソウルフル・ワールド』
2020年12月25日(金)17:00~ディズニープラスで独占配信
監督:ピート・ドクター
共同監督:ケンプ・パワーズ
製作:ダナ・マレー
(C)2020 Disney/Pixar.
(C)2020 Disney and its related entities 


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい