ヨーヨー・マ、コロナ禍の世界に向けて放つ最新アルバムから新曲公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ヨーヨー・マ、コロナ禍の世界に向けて放つ最新アルバムから新曲公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ヨーヨー・マ、コロナ禍の世界に向けて放つ最新アルバムから新曲公開

ヨーヨー・マ、コロナ禍の世界に向けて放つ最新アルバムから新曲公開


 チェリスト、ヨーヨー・マの「また会いましょう(原題:We Will Meet Again)」が公開された。

 コロナ禍の世界に向けて企画された最新アルバム『ソングス・オブ・コンフォート・アンド・ホープ』を全世界12月11日に配信、12月16日にCDリリースするヨーヨー・マ。公開された楽曲は、アルバムからの第3弾シングルとなっている。作詞作曲はロス・パーカー&ヒューイー・チャールズが担当。イギリスの歌手ヴェラ・リン(1917-2020)によって1939年に録音され、第2次世界大戦中の人々の心を勇気づけた曲として知られている。

 なお、第2弾シングル「虹のかなたに」は、演奏映像とともに公開中だ。

https://youtu.be/03GpPfOsFkQ

 ヨーヨー・マは、全世界にパンデミックの緊張が広がりアメリカでも自由な移動が制限されるようになった3月、ボストンの自宅から「ドヴォルザーク:家路(Going Home)」の演奏動画を投稿。その演奏は瞬く間に拡散され、1800万回視聴された。その後も#SongsOfComfort(ソングス・オブ・コンフォート)としてSNSに演奏映像を公開しているヨーヨー・マは、先の見えない不安と孤立感にさいなまれる世界中の人々に安らぎと希望をもたらすアルバムを届けるべく、盟友キャサリン・ストットをピアノに迎え、全21曲をレコーディング。そして2人は11月11日から15日まで台湾を訪れ、台北、台中、高雄でデュオ・リサイタルを開催した。ヨーヨー・マにとってコロナ感染拡大後初の海外公演となったリサイタルでは、最新アルバムからも披露され、14日の高雄公演は全世界にライブ配信されている。

 なお、ヨーヨー・マとキャサリン・ストットの出会いは1978年に遡り、1985年からはレコーディングでも共演をスタート。これまで2人は数多くのアルバムを発表しており、その中にはグラミー賞を受賞した『ヨーヨー・マプレイズ・ピアソラ』『オブリガード・ブラジル』(最優秀クラシカル・クロスオーバー・アルバム部門)も含まれる。2人がタッグを組むのは2015年発表『ソングス・フロム・アーク・オブ・ライフ』以来となった。


◎リリース情報
アルバム『ソングス・オブ・コンフォート・アンド・ホープ』
2020/12/16 RELEASE 
SICC30572(BSCD2)/2,600円(tax out)

◎配信情報
アルバム『ソングス・オブ・コンフォート・アンド・ホープ』
2020/12/11 RELEASE 


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい