JOYSOUND、2020年カラオケ年間ランキングを発表 首位を獲得したLiSA/YOASOBIからコメントも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

JOYSOUND、2020年カラオケ年間ランキングを発表 首位を獲得したLiSA/YOASOBIからコメントも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
JOYSOUND、2020年カラオケ年間ランキングを発表 首位を獲得したLiSA/YOASOBIからコメントも

JOYSOUND、2020年カラオケ年間ランキングを発表 首位を獲得したLiSA/YOASOBIからコメントも


 「2020年JOYSOUND カラオケ年間ランキング」が、発表された。

 ランキングは、32万曲以上という業界最多の配信曲数を誇る業務用通信カラオケ「JOYSOUND」シリーズ、および「UGA」シリーズで歌唱された楽曲の回数に基づき集計。そして2020年は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、例年より利用が増えた家庭用ゲーム機やスマートフォンアプリをはじめとしたカラオケサービス、YouTube内のJOYSOUND公式チャンネル「JOYSOUND CHANNEL」で無料公開されたカラオケ映像の再生回数を合算した「おうちカラオケランキング」も新たに発表された。

 上半期ランキングで首位を獲得したOfficial髭男dism 「Pretender」を2位に抑え、2020年の頂点を掴んだのは、週刊少年ジャンプの連載からテレビアニメ、そして劇場版の公開で、いまや社会現象にまで発展している『鬼滅の刃』の主題歌LiSA「紅蓮華」だ。2020年の5月の第4週に週間ランキングで1位を獲得して以来、7週連続でトップを独走した。さらに、劇場版公開に伴う『鬼滅の刃』旋風と共に、怒涛の追い上げを見せ、2020年の頂点の座を獲得。10代~50代の全年代で1位を独占するという、世代を超えた楽曲となった。なお、アニメソングが年間ランキングの首位となるのは、2015年に1位に輝いた映画『STAND BY ME ドラえもん』の主題歌、秦 基博「ひまわりの約束」以来、5年ぶりだ。また、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」は、カラオケ配信開始後わずか約1か月半というスピードで、「2020年発売曲ランキング(アニメ/特撮/ゲーム)」の首位を獲得した。


◎LiSA コメント
作品と共に楽曲を愛していただき、たくさんの方に歌っていただいて嬉しいです。
これからも様々な形で、お楽しみいただけますように。


 アーティストランキング、2020年の発売曲ランキングで2冠を達成したのは、Official髭男dism。総合ランキングでは、2019年の11月から24週連続で首位を独占し、2位に輝いた「Pretender」を筆頭に、TOP30に6曲もの楽曲がランクインを果たすなど、幅広い世代から支持を集めた。2020年の発売曲ランキングでは、あいみょん初のバラード「裸の心」を2位におさえ、ドラマ『恋はつづくよどこまでも』の主題歌で、ミュージックビデオが1億回再生を超えた「I LOVE...」が1位を獲得。このほか、3位の米津玄師「感電」に続いて、4位にランクインしたのは、オーディション番組「Nizi Project」から生まれ、縄跳びダンスでおなじみの9人組ガールズグループ・NiziUの「Make you happy」だ。また、2020年の1月にデビューしたSixTONESの「Imitation Rain」も10位に入っている。

 おうちカラオケランキングで1位を獲得したのは、ネット発アーティスト楽曲ランキングでも1位を獲得したYOASOBI「夜に駆ける」。2020年は、総合ランキングでも「夜に駆ける」が6位、瑛人「香水」が7位、DISH//「猫」が16位と初のランクインを果たすなど、TikTokやYouTubeなど、SNSや動画サイトから人気に火のついた楽曲が存在感を示す結果となった。


◎YOASOBIさんから コメント
──おうちカラオケランキングで「夜に駆ける」が堂々1位に輝きました。

Ayase
1位ということで、本当に光栄です。
やっぱり2020年は、どうしてもおうちで何か楽しいことを、娯楽をという風な、みんながいろんなことを模索している1年だったと思うんですけど、その中で、僕らの楽曲を楽しんでいただくということで、少しでも前向きな気持ちになっていただけたのかなと思うと、本当に作ってよかったなと思います。本当にありがとうございます。

ikura
おうちでたくさん歌っていただけたということで、本当に難しい曲ではあるんですけれども、すごく爽快感のある曲なので、これからも何かこう、おうちで嫌なことがあったり、鬱憤を晴らしたいときがあったら、叫んで歌ってみてください。ありがとうございます。


《ジャンル別ランキング》
・アニメ/特撮/ゲームランキング
カラオケの定番曲、高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」を2位に抑え、1位を獲得したのはLiSA「紅蓮華」。総合ランキングに加えて二冠を達成し、アニソンランキングの新女王に輝いた。

・2020年発売曲ランキング(アニメ/特撮/ゲーム)
『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌LiSA「炎」は、カラオケ配信開始後わずか約1か月半という驚異のスピードで首位を獲得。また、”W鈴木”で話題となった鈴木雅之「DADDY ! DADDY ! DO ! feat. 鈴木愛理」も5位にランクインしている。

・ネット発アーティスト楽曲ランキング
YOASOBI「夜に駆ける」が、上半期の6位を経て、頂点の座を獲得した。また、2位「ただ君に晴れ」をはじめ、TOP20に6曲もの楽曲がランクインし、変わらぬ人気を示したのはヨルシカ。このほか、6位yama、12位莉犬、18位After the Rain [そらる×まふまふ]など、歌い手のランクインが目立ったのも2020年の特徴だ。

・2020年発売曲ランキング(ネット発アーティスト楽曲)
1位はヨルシカ「花に亡霊」で、2020年の発売曲アニメ部門では2位を獲得。また、YOASOBIは2nd~4thシングル3曲が軒並みランクインとなっている。

・演歌/歌謡曲ランキング
石川さゆり「津軽海峡・冬景色」が2019年の首位「天城越え」から首位を奪還した。2020年も石川さゆりがワンツーフィニッシュを果たし、演歌ランキングの女王の座に君臨。定番曲が上位を占めるなか、2020年にこの世を去った渡哲也「くちなしの花」が2019年の32位から15位にランクインした。

・K-POP/韓国曲ランキング
TWICE「Feel Special」が初の首位を獲得し、さらにTOP20に4曲ランクイン。BTS「Dynamite」も、9月のカラオケ配信からわずかな期間で年間2位を獲得し、勢いを見せている。

・公式ミュージックビデオ観放題サービス「RecTV for JOYSOUND」 ランキング
JOYSOUNDの最新機種「JOYSOUND MAX GO」に搭載された、カラオケルームで公式ミュージックビデオが観られるサービス「RecTV for JOYSOUND」で、サカナクション「新宝島」が2019年に続き連覇を達成。8位「Hoodstar」、9位「ヒプノシスマイク -Division Rap Battle-」と、ヒプノシスマイク(Division All Stars)の楽曲がダブルランクインを果たした。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい