水樹奈々、歌手デビュー20周年当日にオンラインファンクラブイベント開催 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

水樹奈々、歌手デビュー20周年当日にオンラインファンクラブイベント開催

Billboard JAPAN
水樹奈々、歌手デビュー20周年当日にオンラインファンクラブイベント開催

水樹奈々、歌手デビュー20周年当日にオンラインファンクラブイベント開催


 水樹奈々が歌手デビュー20周年を迎えた12月6日、【S.C.NANA NET ファンクラブイベントVIII】をオンラインで開催し、さいたまスーパーアリーナから生配信を行った。その模様を伝えるオフィシャルライブレポが到着したので下記にお届けする。



 配信が開始されると早速会場の外にいる水樹へ中継がつながる。ファンクラブイベントのMCとしてはおなじみ、キングレコードのプロデューサー三嶋章夫とともに、楽屋口から会場へ入り、普段はなかなか見ることのできない裏側を案内しながらステージへと向かう。途中、水樹が使用している楽屋や、ライブ前の気合い入れ場所などを紹介。気合い入れを行なっている場所に着くと水樹考案のキャラクター「ナネットさん」やさいたまスーパーアリーナのキャラクター「たまーりん」、水樹が所属するレーベル(キング・アミューズメント・クリエイティブ)のキャラクター「きんくりん」が2人をお出迎え。実際にこの場で「123456奈々―!」の掛け声とともに気合入れを披露し、水樹のタイトルコールでいよいよイベントがスタート! これまでのファンクラブイベントをダイジェストにしてまとめたオープニングムービーが明けると、画面はテレビのワイドショー番組風にセットされたステージへ。本日12/6(日)に歌手デビュー20周年を迎えた水樹だが、これまで自身のライブやイベントで通算25回、最も多くステージへ立った場所でもある本日の会場、さいたまスーパーアリーナも今年20周年とのこと。77歳まで歌い続けると公言している水樹はMCから「77歳になる頃にはここでの公演回数もかなり増えてそうだね」と聞かれると「50回くらいは目指したいですね!」と意気込んでみせた。

 するとどこからか聞き覚えのある声が。水樹の後輩・福圓美里の友人を名乗る声の主は、イベントの趣旨説明にやってきたという。天の声に導かれ、MCと水樹の間にあるセットの幕を外すとそこに「7777秒」と表示されたモニターが現れる。

 天の声によると、本日のミッションとして「7777秒」、時間に換算すると2時間9分37秒でイベントを終了させなければならないとのこと。「絶対溢れると思う・・これ過ぎたら罰ゲームとかじゃないですよね!?」と焦る水樹。さっそくカウントダウンがスタートし、時間が刻々と進んでいく中、モニターには本日のラインナップ『水樹奈々7大事件簿』『水樹奈々に77の質問』『水樹奈々史 テルミドールの反動』『S.C. NANA NETのサポーターが選ぶ!NANAソン ランキング TOP77』『スペシャルコーナー』と多種多様な項目が並んだ。

 ラインナップの発表を終えると「私ケツがありまして!ここで失礼しますー!」と言って去っていく天の声。ここからは進行を三嶋に移すと、本日最初のコーナーへ。

 「スペシャルコーナー」では、水樹の歴代ライブ衣装を紹介。客席にはずらりと並んだ衣装、その数なんと162着。デビューから2010年まで衣装が並ぶエリアへ向かうと「最初のツアーよ!懐かしい?!」とはしゃぐ水樹。“初めて弾き語りした時の衣装”や“初めての武道館できた衣装”などを見て当時を懐かしみながら思い出を語った。

 ここで同じレーベルの後輩である内田雄馬、蒼井翔太、水瀬いのりの3名からデビュー20周年を祝うコメント動画が到着。後輩たちからのメッセージに水樹は「嬉しいですね!みんなの一生懸命な気持ちが伝わってきました」と笑顔で感謝を述べた。

 そして続いては「水樹奈々 7大事件簿」。デビューから20年の歩みを振り返り、その中でも重大な出来事を7つ抽出し事件簿としてまとめたコーナーだ。

 ゲストに同じ事務所の後輩・福圓美里と、彼女のライブでおなじみのバックバンド”Cherry Boys”から福長雅夫、そしてダンサーズ”team YO-DA”からYUMEKOの3人が登場。モニターには『初のオリコン1位獲得!』『声優界初!NHK紅白歌合戦出場!』『波乱万丈!?ライブ公演200回突破!』『文化放送の最長狙う!スマイルギャング もうすぐ1000回!』『ミュージカル初出演にして初主演!ビューティフル』『演じた役は????人!声優生活23年!』『アラフォーの星!水樹奈々ついに結婚!』の7大事件タイトルが表示され、ゲストとともに事件当時の出来事を裏話も交えながら振り返った。

 次のコーナーは「水樹奈々史 テルミドールの反動」。水樹の20年のアーティスト人生を、VTRで振り返る。スタッフがあまりにも力を入れすぎた結果、前編・後編に分けて作成されたという大作だ。VTRでは考古学者としてangelaのKATSUが登場。KATSUの「声優音楽とは何か・・」という語りから始まり、声優音楽業界において大きな功績を残したという「水樹・クレオパトラ・奈々世」の半生を、大熊 英司のナレーションで遡る。

 続いて上坂すみれ、小倉 唯、angelaからのお祝いコメントが流れると、この時点で既に残り約1,300秒となっており、残り時間の少なさに慌てふためく水樹とMC。

 次のコーナーは一問一答形式で水樹が質問に答えていく「水樹奈々の77のこと!」。「年齢は?」というライトな質問から、「初恋はいつ?」「30周年はどうなってる?」といった全77の問いに、MCとの掛け合いも楽しみつつ回答に対するエピソードを交えながら答えていった。

 ここで残り時間が残り77秒となってしまい急いでコーナーを締めて「水樹奈々史 テルミドールの反動 後編」のVTRがスタート。前編から引き続き、「水樹・クレオパトラ・奈々世」の半生について語られる。バラエティに富んだ内容に、チャット画面では視聴者から多くのコメントが寄せられ、大きな盛り上がりをみせた。

 VTRが明けると2人は客席の衣装エリアへ。ここでは2011年から最新のライブで着た衣装が飾られており、イベント開催2日前にファンクラブ会員を対象にした企画「緊急企画!水樹奈々の好きな歴代ライブ衣装」アンケートにてTOP7入りを果たした衣装も登場。2016年に阪神甲子園球場で開催の「NANA MIZUKI LIVE PARK 2016」オープニングで着用した、ネクタイとスカートにデニムがあしらわれた白いワンピースに麦わら帽子を被った衣装が1位に。

 ここでまだまだお祝いコメントが届いているとMCから告げられると、宮野真守、堀江由衣からのコメント動画が届いた。2人の想いのこもった少し長めのメッセージに「ありがとうございますー!でも2人とも長いっ!長すぎでしょ!」と言いながらも、水樹は嬉しそうに顔を綻ばせた。

 制限時間など初めからなかったかのように進行中のこのイベントもラストスパート。最後のコーナーは「NANAソンランキング77」。S.C.NANA NETのサポーターに “あなたが選ぶ NANAソン(水樹奈々楽曲)No.1”の事前アンケートを取り、集計結果からベスト77を鮎貝健のナレーションに乗せて全曲VTRで発表。これまでに発表した総曲数292曲のうち、水樹は「深愛か、ETERNAL BLAZEがくるんじゃないかなぁ」と予想するとMCの振りでランキングVTRがスタート。292曲の中から栄えあるNANAソンNo.1に輝いたのは「ETERNAL BLAZE」。予想が的中し、「やっぱりエタブレは強かったですねー!でもTOP10はどれがきてもおかしくないような・・」とランキングを振り返った。

 するとここで、MCより「このイベントが始まって約11,000秒経ちましたが・・ついに今日の1曲目を披露していただきたいと思います!」と告げられ、視聴者からのコメントも一気に加速。No.1に輝いた「ETERNAL BLAZE」を歌うのか・・!と思いきや、歌うのはなんとTVアニメ「Levius レビウス」のオープニングテーマにも決定している今回が初歌唱の新曲「Link or Chains」!同時に同曲のジャケット写真と2021年1月10日(日) 0時よりデジタルリリースされることが発表された。水樹は新曲について「すごくクールでかっこいい楽曲。変則的で個性がある曲なので、一度聞いたら忘れられないような楽曲になるんじゃないかなと思います。」と話すと、ピアノのメロディーとトリッキーなリズムが印象的な新曲「Link or Chains」を力強く歌い上げ、イベントもいよいよエンディングへ。

 すでに本日のミッションである「7777秒」を大幅に経過していたが、「せっかくさいたまスーパーアリーナに来て1曲だけっていうのはちょっと寂しいですよね?」と、まだ終わりそうにない様子を見せる。そして水樹のデビュー曲「想い」をピアノの弾き語りで披露されることが告げられると視聴者もコメントで大いに盛り上がりを見せた。

 20年分のライブ衣装に囲まれた客席にピアノがセットされ、デビュー曲「想い」をピアノの音色に乗せてファンへと届けると、歌唱を終えた水樹は「すごい緊張しました・・!20年経って、さいたまスーパーアリーナというすごいステージで弾き語りさせていただけることにいろんな想いが溢れました」と今の心情を打ち明けた。

 最後に、20周年記念として「想い」のアナログ盤が本日から予約開始となることを発表し、「来年はツアーやりたいね!準備はしているので待っていてください!次回はファンクラブイベント?でお会いしましょう!」と今後への思いを語り、約4時間にわたって行われたイベントの幕を下ろした。



Photo:MASA


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい