【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー初の首位獲得、マイリーが2位に続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー初の首位獲得、マイリーが2位に続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー初の首位獲得、マイリーが2位に続く

【米ビルボード・アルバム・チャート】バッド・バニー初の首位獲得、マイリーが2位に続く


 バッド・バニーの新作『El Ultimo Tour Del Mundo』が1位に初登場した、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 本作は、3月14日付チャートで2位にデビューした前作『YHLQMDLG』から約9か月、5月にリリースしたコンピレーション・アルバム『Las que no iban a salir』(最高7位)から約半年という短いスパンでリリースされた、通算4作目のスタジオ・アルバム。TOP10入りは、その2作と2019年に発表したJ. バルヴィンとのコラボレーション・アルバム『Oasis』(最高9位)含む4作目で、首位獲得は自身初の快挙達成。また、全編スペイン語で構成されたアルバムとしても、歴代初の首位を獲得した。2020年度でTOP10に3作以上ランクインさせたアーティストとしては、ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインに続く2組目の記録。

 全編スペイン語によるアルバムが同チャートでTOP5入りしたのは歴代4作のみで、本作の他には前述の『YHLQMDLG』、マナーの『Amar Es Combatir』(最高4位)、2005年にシャキーラが発表した『Fijacion Oral Vol.1』(最高4位)がある。スペイン語がメインのアルバムとしては、セレーナの『眠れない夜』(1995年)と、イル・ディーヴォの『Ancora』(2006年)が1位を獲得しているが、前者はスペイン語が6曲で英詞が5曲、スペイン語と英語がミックスされたデュエット曲が2曲あり、後者は10曲中7曲がスペイン語で3曲は英詞だった。よって、全編スペイン語によるアルバムとしては、本作『El Ultimo Tour Del Mundo』が初の首位獲得となる。

 『El Ultimo Tour Del Mundo』の初動ユニットは116,000で、そのうちアルバム・ストリーミング(SEA)が103,000、アルバム・セールスが12,000、トラックごとのユニット数(TEA)は1,000だった。初週の再生数は1億4,594万回で、今週最大のストリーミングを記録している。本作の先行シングル「Dakiti with ジャイ・コルテッツ」は、11月21日付ソング・チャート“Hot 100”で8位にデビューし、ラテン・ソング・チャートでは7曲目の首位を獲得した。

 続いて2位には、マイリー・サイラスの新作『プラスティック・ハーツ』が初登場。初動ユニットは60,000で、そのうちアルバム・ストリーミングが38,000、トラックごとのユニット数が2,000、アルバム・セールスは1位の『El Ultimo Tour Del Mundo』を上回る20,000を記録している。

 Billboard 200でのTOP10入りは、EP、ライブ・アルバムを含む通算9作目で、スタジオ・アルバムは1位を記録したデビュー・アルバム『ミート・マイリー・サイラス』(2007年)から6作がTOP5にランクインしている。

1位『ミート・マイリー・サイラス』(2007年)
1位『ブレイクアウト』(2008年)
3位『キャント・ビー・テイムド』(2010年)
1位『バンガーズ』(2013年)
5位『ヤンガー・ナウ』 (2017年)
2位『プラスティック・ハーツ』(2020年)

 ドラマ『ハンナ・モンタナ』の関連スタジオ・アルバムを含めると13作目のTOP10入りで、うち6作が1位を記録している。

 本作からは、1stシングル「ミッドナイト・スカイ」が8月29日付ソング・チャート“Hot 100”で14位にデビューし、デュア・リパとデュエットした2ndシングル「プリズナー」も先週のストリーミング・ソング・チャートでTOP40にランクインするなど、アルバムのプロモーションに繋げている。両曲は、いずれもUKシングル・チャートでTOP10入りした。

 先週1位に初登場したBTSの『BE』は3位に、2位にデビューしたミーガン・ジー・スタリオンの『グッド・ニュース』は7位にランクダウンし、3位に浮上したアリアナ・グランデの『ポジションズ』は4位に、故ポップ・スモークの『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』も4位から5位にそれぞれ下降した。

 先週の13位から6位にリエントリーしたのは、マイケル・ブーブレの『クリスマス』。週間ユニットは前週から52%増加の48,000まで上昇し、発売年の2011年から10年連続でTOP10入りを果たした。本作の他にも、マライア・キャリーの『メリー・クリスマス』や、ドリー・パートンの『A Holly Dolly Christmas』など、ホリデー・アルバムが続々とランクアップしている。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは、12月11日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『El Ultimo Tour Del Mundo』バッド・バニー
2位『プラスティック・ハーツ』マイリー・サイラス
3位『BE』BTS
4位『ポジションズ』アリアナ・グランデ
5位『シュート・フォー・ザ・スターズ、エイム・フォー・ザ・ムーン』ポップ・スモーク
6位『クリスマス』マイケル・ブーブレ
7位『グッド・ニュース』ミーガン・ジー・スタリオン
8位『フォークロア』テイラー・スウィフト
9位『マイ・ギフト』キャリー・アンダーウッド
10位『レジェンズ・ネヴァー・ダイ』ジュース・ワールド


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい