【#2020MAMA】BTS、<今年の歌賞>&<今年の歌手賞>など計9部門受賞

2020/12/07 14:23

【#2020MAMA】BTS、<今年の歌賞>&<今年の歌手賞>など計9部門受賞
【#2020MAMA】BTS、<今年の歌賞>&<今年の歌手賞>など計9部門受賞


 CJ ENM 主催のアジア最大級の音楽授賞式【2020 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS】が開催され、BTSが<アーティスト・オブ・ザ・イヤー(今年の歌手賞)>、「Dynamite」で<ソング・オブ・ザ・イヤー(今年の歌賞)>を受賞した。
 過去に2NE1やBIGBANG、BEAST、TWICEなど人気アーティストが受賞しているこの賞を、BTSは昨年に続き2度目のW受賞、<今年のアルバム賞>を含めると2年連続で3部門を制覇している。<今年の歌賞>にはBLACKPINKの「How You Like That」、Red Velvetの「Psycho」、IU「Blueming」、ZICO「Any Song」がノミネートされていた。BTSはこの日、<今年の歌賞>、<今年の歌手賞>、<今年のアルバム賞>、<ワールドワイド・アイコン賞>、<男性グループベストダンスパフォーマンス賞>、<ベストミュージックビデオ賞>、<男性グループ賞>、ファン投票による<Worldwide Fans’ Choice賞>、韓国カルチャーを世界に広めた10名に贈る<2020ヴィジョナリー賞>の計9部門で受賞した。
 【2020 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS】のホストを務めるのは『太陽の末裔』で人気の俳優ソン・ジュンギ。パフォーミング・アーティストにはATEEZ、BoA、BTS、CRAVITY、ENHYPEN、GOT7、(G)I-DLE、IZ*ONE、Jessi、JO1、MAMAMOO、MONSTA X、OH MY GIRL、SEVENTEEN、Stray Kids、TAEMIN、THE BOYZ、TOMORROW X TOGETHER、TREASURE、TWICEが名を連ねる。プレゼンターとしてイ・ジョンジェ、パク・ソジュン、オム・ジョンファ、イム・スジョン、イ・ダヒ、ユ・ヨンソク、チョン・ギョンホ、チョン・ミド、パク・ハソン、チョン・ヘジン、カン・ハンナ、コ・ボギョル、コンミョン、キム・ジソク、パク・ギュヨン、ペ・ジョンナム、ビョン・ウソク、ヤン・ギョンウォン、ユン・パク、イ・ドヒョン、イ・サンヨプ、イ・ソンビン、イ・ユビ、イム・スヒャン、チョン・ムンソン、チュ・ウジェ、チェ・スヨン、ファン・インヨプが登場する。

◎放送情報
【2020 Mnet ASIAN MUSIC AWARDS】
2020年12月6日(日)18:00~、Mnet、Mnet Smartにて日韓同時生中継・生配信
(C)CJ ENM Co., Ltd, All Rights Reserved.

あわせて読みたい

  • 【#2020MAMA】BTS <今年のアルバム賞>受賞、SUGAもサプライズ登場

    【#2020MAMA】BTS <今年のアルバム賞>受賞、SUGAもサプライズ登場

    Billboard JAPAN

    12/7

    【#2020MAMA】BTS<男性グループベストダンスパフォーマンス賞>受賞

    【#2020MAMA】BTS<男性グループベストダンスパフォーマンス賞>受賞

    Billboard JAPAN

    12/7

  • 【#2020MAMA】BTS<ワールドワイド・アイコン賞>受賞 RM「皆さんの愛を間近に感じます」

    【#2020MAMA】BTS<ワールドワイド・アイコン賞>受賞 RM「皆さんの愛を間近に感じます」

    Billboard JAPAN

    12/7

    【#2020MAMA】MAMAMOO<グループベストボーカルパフォーマンス賞>受賞

    【#2020MAMA】MAMAMOO<グループベストボーカルパフォーマンス賞>受賞

    Billboard JAPAN

    12/7

  • 【#2020MAMA】MAMAMOO エキゾチックなステージでヒット曲披露

    【#2020MAMA】MAMAMOO エキゾチックなステージでヒット曲披露

    Billboard JAPAN

    12/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す