【先ヨミ】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が17.4万枚を売り上げアルバム首位独走中 松任谷由実、中島みゆきらベテランが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が17.4万枚を売り上げアルバム首位独走中 松任谷由実、中島みゆきらベテランが続く

Billboard JAPAN
【先ヨミ】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が17.4万枚を売り上げアルバム首位独走中 松任谷由実、中島みゆきらベテランが続く

【先ヨミ】Mr.Children『SOUNDTRACKS』が17.4万枚を売り上げアルバム首位独走中 松任谷由実、中島みゆきらベテランが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2020年11月30日~12月2日の集計が明らかとなり、Mr.Childrenの『SOUNDTRACKS』が174,976枚を売り上げて首位を走っている。

 『SOUNDTRACKS』は、Mr.Childrenにとって2年2か月ぶり、20枚目となるオリジナル・アルバムで、『映画ドラえもん のび太の新恐竜』のダブル主題歌「Birthday」、「君と重ねたモノローグ」や、日本テレビ『ZIP!』のテーマソング「The song of praise」、キリンビール『麒麟特製ストロング』のCMソング「others」など全10曲が収録されている。レコーディングは、全曲ロンドンとロサンゼルスのスタジオで行われた。『SOUNDTRACKS』は初動3日間で174,976枚を売り上げており、これは2018年にリリースされた前アルバム『重力と呼吸』の初動3日間売上173,531枚とほぼ横ばいの数字となる。

 2位は、34,821枚を売り上げている松任谷由実の『深海の街』。通算39枚目のオリジナル・アルバムとなる本作には、テレビ東京『WBS(ワールドビジネスサテライト)』のエンディング曲「深海の街」や、ドラマ『恋する母たち』の主題歌「知らないどうし」など、計12曲が収録されている。

 続いて、中島みゆきのセレクト・アルバム『ここにいるよ』が3位を走行中。本作は<エール盤>と<寄り添い盤>の2枚組で、<エール盤>には「糸」や「時代」、「ファイト!」、「地上の星」など、<寄り添い盤>には「アザミ嬢のララバイ」、「悪女」、「あした」など、併せて26曲が収録されている。

 4位には、ザ・クロマニヨンズの14thアルバム『MUD SHAKES』が10,115枚を売り上げ速報トップ5入り。クロマニヨンズは12月11日に本作の全曲披露配信ライブを開催する。また5位には宮本浩次の『ROMANCE』がリリース3週目となる当週前半もトップ5をキープ。累計売上枚数は7.6万枚を突破した。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年11月30日~12月2日)
1位『SOUNDTRACKS』Mr.Children(174,976枚)
2位『深海の街』松任谷由実(34,821枚)
3位『ここにいるよ』中島みゆき(27,180枚)
4位『MUD SHAKES』ザ・クロマニヨンズ(10,115枚)
5位『ROMANCE』宮本浩次(6,780枚)

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい