DJキャレド、息子たちにはヒップホップ・ソングのクリーン・バージョンを聴かせていると明かす 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

DJキャレド、息子たちにはヒップホップ・ソングのクリーン・バージョンを聴かせていると明かす

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
DJキャレド、息子たちにはヒップホップ・ソングのクリーン・バージョンを聴かせていると明かす

DJキャレド、息子たちにはヒップホップ・ソングのクリーン・バージョンを聴かせていると明かす


 DJキャレドと妻のニコール・タックが2人の息子たちと米育児雑誌Parentsの2021年1月号の表紙を飾り、子供の教育上好ましくない表現などが含まれたエクスプリシット・コンテンツの音楽を禁止していることなど、家庭におけるルールについて巻頭インタビューで語った。

 「音楽は我々の生活の大部分を占めている」と語ったプロデューサー、起業家であるDJキャレドは、起床して妻や4歳の息子Asahdくんともうすぐ1歳になる息子Aalamくんにキスした後にシャーデーや故アレサ・フランクリンを聞いていると話し、時には長男のAsahdくんをターンテーブルで遊ばせていると明かした。

 だが息子たちの教育上家庭内で設けているルールもあるそうで、「子供たちを守りたいと思っています。TVに関してはとても慎重で、ヒップホップを聴くときは、常にクリーン・バージョンをプレイしています。これは必須です!」と強調している。

 妻や息子たちとともにトロピカル・プリントの衣装を纏った表紙画像をTwitterに投稿したDJキャレドは、「私の人生において一番大切なのは家族と親であることです!父親になったことは私の人生を変えました!」とキャプションに綴り、「私のクイーンである妻、AsahdとAaalam、本当に心から愛しています!みんなのおかげで私は素晴らしい人間になることができます。@parentsmagazine 感謝します。そしてすべての親たちに幸あれ」とコメントした。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい