ポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウィルソン、全英3位の前作に続く6thソロから新曲解禁

2020/11/26 14:21

ポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウィルソン、全英3位の前作に続く6thソロから新曲解禁
ポーキュパイン・ツリーのスティーヴン・ウィルソン、全英3位の前作に続く6thソロから新曲解禁


 スティーヴン・ウィルソンが2021年1月29日にリリースする6枚目のソロアルバム『THE FUTURE BITES』より、新曲「12 THINGS I FORGOT」を解禁した。
https://www.youtube.com/watch?v=7wZrYAgf8d8
 これまで4度グラミー賞にノミネートされ、英プログレッシヴ・ロック・バンド“ポーキュパイン・ツリー”の中心人物でありながら、プロデューサーやオーディオ・エンジニアとしても活動しているスティーヴン・ウィルソン。プロデュースした作品はオーペスの『Blackwater Park』などで、エンジニアとしてはキング・クリムゾン等のリマスターにも関わっている。
 2017年にリリースしたソロアルバム『トゥ・ザ・ボーン』は全英3位を記録し、12か国のチャートでTop10入り。3夜ソールドアウトさせたロイヤル・アルバート・ホールでの公演を含む、33か国において全145公演を成功させた。
 ニューアルバム『THE FUTURE BITES』は当初2020年にリリース予定だったものの、2021年1月29日リリースへと延期。今回公開された新曲「12 THINGS I FORGOT」は、その新作より「PERSONAL SHOPPER」、「EMINENT SLEAZE」、「KING GHOST」に続く4枚目のシングルとなり、プロデューサーにはスティーヴン・ウィルソン本人の他、キーン、Everything Everything、Bat for Lashesを手掛けたDavid Kostenも携わっている。
 なお、スティーヴン・ウィルソンはアルバム『THE FUTURE BITES』について、「2021年、人々の人生は、もはや政治家ではなく、我々の消費の仕方や行動をアルゴリズムで計算する人々によってに左右される時代になると気づいたんだ。ある日、ホテルのバーで、その業界の人と話す機会があって、人がネットショッピングで残す足跡を分析し、それを購入に繋げているということを聴き、“あぁ、それが現代のビジネスなんだ”と気づかされたんだ。そこから今作のプロジェクトに取り掛かるきっかけとなったんだ」と作品の背景を語っている。

◎リリース情報
アルバム『THE FUTUER BITES』
2021/1/29 RELEASE(輸入盤&デジタル)

あわせて読みたい

  • 『11月3日はなんの日?』現プログレ界の最重要人物、スティーヴン・ウィルソンの誕生日

    『11月3日はなんの日?』現プログレ界の最重要人物、スティーヴン・ウィルソンの誕生日

    Billboard JAPAN

    11/6

    スティーヴン・マルクマス、“偶然生まれた”3部作ラストのテーマは“新たなステージにあるフォーク・ミュージック”

    スティーヴン・マルクマス、“偶然生まれた”3部作ラストのテーマは“新たなステージにあるフォーク・ミュージック”

    Billboard JAPAN

    1/23

  • ブライアン・ウィルソン、『ザ・ビーチ・ボーイズ・クリスマス・アルバム』全曲を演奏するツアーを発表

    ブライアン・ウィルソン、『ザ・ビーチ・ボーイズ・クリスマス・アルバム』全曲を演奏するツアーを発表

    Billboard JAPAN

    4/3

    【ソングライターの殿堂】シンディ・ローパー、コステロらがノミネート

    【ソングライターの殿堂】シンディ・ローパー、コステロらがノミネート

    Billboard JAPAN

    10/17

  • 『3月29日はなんの日?』イギリス音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日

    『3月29日はなんの日?』イギリス音楽の殿堂、ロイヤル・アルバート・ホールの開業記念日

    Billboard JAPAN

    3/29

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す