【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算4週目のNo.1、ギャビー・バレット&チャーリー・プース最高位更新 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算4週目のNo.1、ギャビー・バレット&チャーリー・プース最高位更新

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算4週目のNo.1、ギャビー・バレット&チャーリー・プース最高位更新

【米ビルボード・ソング・チャート】24kGoldn&イアン・ディオール通算4週目のNo.1、ギャビー・バレット&チャーリー・プース最高位更新


 24kGoldnの「ムードfeat.イアン・ディオール」が通算4週目の首位を獲得した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 先週1位に再浮上した「ムード」は、週間オンエア数8,500万回を記録して、エアプレイ・チャートでも3週目の首位をキープし、ストリーミング・ソング・チャートでは先週の6位から1位に急上昇。同チャートでは初の1位を獲得した。週間ストリーミング数は、前週から32%増加の2,530万回を記録している。

 首位には到達しなかったが、デジタル・ソング・セールス・チャートでも6位から2位にランクアップし、売り上げも86%増加の13,000ダウンロードまで伸ばしている。ロック&オルタナティブ・ソング・チャートとオルタナティブ・ソング・チャートでは各12週、ラップ・ソング・チャートでは5週目の1位をキープした。

 主要ポイントがいずれも上昇したのは、11月6日にジャスティン・ビーバーとJ.バルヴィンをフィーチャーしたリミックスがリリースされたため。しかし、リミックスのポイントがオリジナルを上回らず、両者のクレジットはなく表記はオリジナルのままとなった。よって、現時点ではジャスティン・ビーバーとJ.バルヴィンの記録には換算されない。

 先週2位にダウンしたアリアナ・グランデの「ポジションズ」は同位をキープしたが、初登場から2週間トップを維持したストリーミング・ソング・チャートでは、再生数を伸ばせず3位に下降している。一方、ラジオのオンエア数は14%増加の3,160万回に上昇し、エアプレイ・チャートでは28位から21位に跳ね上がった。同曲が収録されたアリアナの新作『ポジションズ』は、今週のアルバム・チャート“Billboard 200”で2週目の首位をキープしている。

 先週5位に上昇したギャビー・バレットの「アイ・ホープfeat.チャーリー・プース」は、今週3位に最高位を更新。エアプレイ・チャートでは2位をキープし(週間7,810万回)、デジタル・ソング・セールス・チャートでは15位から6位にTOP10入りした。週間セールスは、先週から81%増加の9,000ダウンロードを記録している。

 今週各ポイントが上昇したのは、11月11日に開催された【第54回カントリー・ミュージック協会賞】への出演とパフォーマンス効果によるもの。ストリーミング・ソング・チャートでも30位にリエントリーを果たし、カントリー・ソング・チャートでは16週目の首位をキープした。タイミング次第では、今後Hot 100での首位獲得も期待できる。

 先週4位に再浮上したザ・ウィークエンドの「ブラインディング・ライツ」は、再び5位にランクダウンしたものの、これでTOP5のランクイン数を33週目に、TOP10のランクイン数を39週目にそれぞれ更新した。TOP5の記録は9月26日付チャートで歴代最多に到達したが、TOP10のランクイン数も今週でポスト・マローンの「サークルズ」と並ぶ歴代最多を打ち出し、トップに立った。

39週 ザ・ウィークエンド「ブラインディング・ライツ」(2020年)
39週 ポスト・マローン「サークルズ」(2020年)
33週 エド・シーラン「シェイプ・オブ・ユー」(2017年)
33週 マルーン5「ガールズ・ライク・ユー feat.カーディ・B」(2018~19年)
33週 ポスト・マローン「サンフラワーwithスウェイ・リー」(2018~19年)
32週 トラヴィス・スコット「シッコ・モード」(2018~19年)
32週 ザ・チェインスモーカーズ「クローサーfeat.ホールジー」(2016~17年)
32週 リアン・ライムス「ハウ・ドゥ・アイ・リヴ」(1997~98年)
31週 マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ「アップタウン・ファンク」(2014~15年)

 その他にも、R&Bソング・チャートで歴代最長の35週目となる首位を獲得した「ブラインディング・ライツ」。数々の記録更新やチャートイン数からみても、今年の年間チャート上位ランクインは間違いないだろう。

 今週TOP10に初登場した曲はないが、ジャスティン・ビーバーの「HOLY feat.チャンス・ザ・ラッパー」が先週の11位から7位に、ポップ・スモークの「フォー・ザ・ナイトfeat.リル・ベイビー&ダベイビー」が12位から10位にそれぞれリエントリーしている。

 「HOLY」は、10月3日付チャートで3位にデビューし、翌週TOP10圏外にランクダウンしたが、10月31日付チャートで再び9位に上昇。今週は2度目のTOP10復帰ということになる。同曲もラジオが好調で、週間オンエア数4,810万回を記録してエアプレイ・チャートでも11位から10位にTOP10入りした。エアプレイ・チャートでのTOP10入りは、ジャスティン・ビーバーにとって16曲目、チャンス・ザ・ラッパー は3曲目のランクイン。

 「フォー・ザ・ナイト」は、7月18日付チャートで6位にデビューして以来約4か月ぶりのTOP10入りだが、再浮上するまでの19週間はTOP40に粘り強くランクインしていた。こちらもラジオの伸び率が良く、エアプレイ・チャートでは今週の<Airplay Gainer>を獲得して42位にデビューした。ストリーミング・ソング・チャートでは、先週に続き5位を維持している。

 先週9位に初登場したバッド・バニーとジャイ・コルテッツのコラボ・ソング「Dakiti」は8位に最高位を更新し、ストリーミング・ソング・チャートで2位(週間2,220万ストリーミング)、ラテン・ソング・チャートでは2週連続の首位をそれぞれキープした。

Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは11月20日以降掲載予定となります。

◎【Hot 100】トップ10
1位「ムード」24kGoldn feat.イアン・ディオール
2位「ポジションズ」アリアナ・グランデ
3位「アイ・ホープ」ギャビー・バレットfeat.チャーリー・プース
4位「ラフ・ナウ・クライ・レイター」ドレイクfeat.リル・ダーク
5位「ブラインディング・ライツ」ザ・ウィークエンド
6位「レモネードfeat.ドン・トリバー&NAV」インターネット・マネー&ガンナ
7位「HOLY」ジャスティン・ビーバーfeat.チャンス・ザ・ラッパー
8位「Dakiti」バッド・バニー&ジャイ・コルテッツ
9位「サヴェージ・ラブ(ラックスド - サイレンビート)」ジョーシュ685、ジェイソン・デルーロ
10位「フォー・ザ・ナイト」ポップ・スモークfeat.リル・ベイビー&ダベイビー


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい