Uru、北川景子主演の映画『ファーストラヴ』主題歌&挿入歌担当決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Uru、北川景子主演の映画『ファーストラヴ』主題歌&挿入歌担当決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Uru、北川景子主演の映画『ファーストラヴ』主題歌&挿入歌担当決定

Uru、北川景子主演の映画『ファーストラヴ』主題歌&挿入歌担当決定


 Uruが、2021年2月11日公開の映画『ファーストラヴ』の主題歌と挿入歌を担当する事が決定した。

 映画『ファーストラヴ』は、島本理生の小説『ファーストラヴ』が原作で、予測不能な結末と、タイトルの裏に隠された濃密なヒューマンドラマ。

 主演を務めるのは、人を惹きつける芝居と端麗な容姿で幅広い層から絶大な支持を誇り、映画『スマホを落としただけなのに』のヒットも記憶に新しい北川景子。女子大生による動機なき殺人事件の真相に迫る、主人公の公認心理師・真壁由紀を演じており、原作のキャラクター設定に合わせ自らの発案で大胆にも髪の毛を30cm以上カットしたことでも話題になった。

 由紀の義理の弟で由紀と共に事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉に中村倫也、父親殺しの容疑者・聖山環菜には芳根京子、そして由紀の夫であり迦葉の兄・真壁我聞に窪塚洋介が出演。さらに、木村佳乃、板尾創路、高岡早紀などの演技派から、石田法嗣、清原翔といった気鋭の若手まで豪華な顔ぶれが集い、迫真の演技で物語をよりリアルにエモーショナルに紡いでいく。

 Uruは、今作の主題歌「ファーストラヴ」と挿入歌「無機質」を担当。Uruが1つの作品で主題歌と挿入歌の2曲を手掛けるのは初となり、映画『夏美のホタル』主題歌のデビュー曲「星の中の君」、映画『悪と仮面のルール』主題歌の「追憶のふたり」、現在公開中の映画『罪の声』主題歌「振り子」に続き4作目の実写映画作品での楽曲提供となる。


◎公開情報
『ファーストラヴ』
2021年2月11日(木・祝) 全国ロードショー
(C) 2021『ファーストラヴ』製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい