セイント・ヴィンセント、【ロックの殿堂】入りするNINの「Piggy」をデイヴ・グロールとカヴァー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

セイント・ヴィンセント、【ロックの殿堂】入りするNINの「Piggy」をデイヴ・グロールとカヴァー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
セイント・ヴィンセント、【ロックの殿堂】入りするNINの「Piggy」をデイヴ・グロールとカヴァー

セイント・ヴィンセント、【ロックの殿堂】入りするNINの「Piggy」をデイヴ・グロールとカヴァー


 現地時間2020年11月7日に全米で放送される2020年の【ロックの殿堂】記念式典に先立ち、セイント・ヴィンセントをはじめとするアーティストたちが、今年殿堂入りするバンドなどの楽曲のカヴァーをAmazon Music限定で公開した。

 セイント・ヴィンセントはTwitterで、ナイン・インチ・ネイルズ(NIN)の「Piggy」のカヴァーへのリンクをシェアし、ドラムでフー・ファイターズのデイヴ・グロールが参加していることを明かした。彼女は、「今もネイルズの曲で一番好きなやつの一つ」と楽曲を紹介している。グロールは今年の式典の冒頭で、殿堂入りするアーティストたちを紹介する役割を担っている。

 また、Savagesのジェニー・ベスもNINの楽曲、「Closer」(1994年)のカヴァーを公開している。

 さらに、リアル・エステートがドゥービー・ブラザーズの大ヒット曲「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」を、インディーズ・バンドEyelidsがデペッシュ・モードの「Enjoy the Silence」を、そしてザ・キルズがT.レックスの「Cosmic Dancer」のカヴァーをそれぞれ公開している。

 HBOで放送され、HBO Maxで配信される今年の【ロックの殿堂】記念式典には、マイリー・サイラス、アリシア・キーズ、グウェン・ステファニー、リン=マニュエル・ミランダ、アダム・レヴィーン、コールドプレイのクリス・マーティン、セイント・ヴィンセント、ビリー・ギボンズ、ビリー・アイドル、イギー・ポップ、ハートのナンシー・ウィルソンが出演予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい