クリープハイプ尾崎世界観の小説『母影』が『新潮』12月号に掲載 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

クリープハイプ尾崎世界観の小説『母影』が『新潮』12月号に掲載

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
クリープハイプ尾崎世界観の小説『母影』が『新潮』12月号に掲載

クリープハイプ尾崎世界観の小説『母影』が『新潮』12月号に掲載


 尾崎世界観(クリープハイプ)の文芸誌初となる中篇小説『母影』が、11月7日刊行の『新潮 2020年12月号』に掲載される。

 『母影』はコロナ禍でライブ活動の制限を余儀なくされるなか、ひとり小説に向き合い完成させた原稿用紙150枚の渾身作。母子家庭で育った小学校低学年の女の子が、母の働くマッサージ店の空きベッドで過ごし、やがてカーテンの向こうで施術して「直してあげる」客がおじさんばかりになってくることに気づくことから物語が展開する。

◎書籍情報
『新潮 2020年12月号』
2020年11月7日(土)発売
1,273円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい