【ビルボード】LiSA「炎」「紅蓮華」が2週連続で総合1・2フィニッシュ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA「炎」「紅蓮華」が2週連続で総合1・2フィニッシュ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA「炎」「紅蓮華」が2週連続で総合1・2フィニッシュ

【ビルボード】LiSA「炎」「紅蓮華」が2週連続で総合1・2フィニッシュ


 2020年11月9日付(集計期間:2020年10月26日~11月1日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、LiSAの「炎」が総合首位を獲得した。

 LiSAは「炎」と「紅蓮華」で“JAPAN HOT100”総合1位と2位を獲得し、2週連続で1・2フィニッシュを決めた。「炎」は、前週に引き続きCDセールス、PCのCD読み取り数のルックアップ、ダウンロード、ストリーミング、動画再生の5指標に加え、ラジオ指標でも1位を奪還し6冠を獲得した。

 「炎」は、CDセールスが前週38,558枚から当週28,832枚へと減、ダウンロードが136,233DLから104,204DLへと減、ストリーミングが18,901,974再生から18,880,651再生へ微減、動画再生が8,621,198回から8,084,681回へ微減など、総合ポイントは減少しているが、ストリーミングと動画再生が微減に留まっていること、レンタル解禁されたことでルックアップのポイントが増加したことにより、他楽曲のポイント差を守ることとなった。

 一方「紅蓮華」は、CDセールスが5,985枚から5,846枚へ微減、ダウンロードが36,726DLから31,756DLへ減、ストリーミングが7,021,682再生から7,099,031再生へ増、動画再生が1,840,217回から1,639,063回へ微減と、こちらも全体的なポイント減少傾向をストリーミングで凌ぐ傾向は「炎」と同じだ。「炎」のリリース効果により跳ねあがったポイントがどこまで維持されるか、こちらも注目される。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[1]「炎」LiSA(28,832枚・104,204DL・18,880,651再生)
2位[2]「紅蓮華」LiSA(5,846枚・31,756DL・7,099,031再生)
3位[3]「Dynamite」BTS(-・9,076DL・10,143,811再生)
4位[4]「夜に駆ける」YOASOBI(-・11,347DL・8,523,988再生)
5位[-]「I CAN'T STOP ME」TWICE(-・9,093DL・5,811,548再生)
6位[5]「Make you happy」NiziU(-・10,338DL・5,496,367再生)
7位[-]「Party Starters」嵐(-・43,427DL・-)
8位[8]「裸の心」あいみょん(-・6,557DL・5,085,404再生)
9位[6]「香水」瑛人(-・5,785DL・4,467,244再生)
10位[7]「感電」米津玄師(-・3,315DL・4,694,815再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい