故ホイットニー・ヒューストン、アルバム3作がダイアモンド認定された初のブラック・アーティストに

2020/10/29 17:10

故ホイットニー・ヒューストン、アルバム3作がダイアモンド認定された初のブラック・アーティストに
故ホイットニー・ヒューストン、アルバム3作がダイアモンド認定された初のブラック・アーティストに


 故ホイットニー・ヒューストンが、アメリカレコード協会(RIAA)により3作のアルバムがダイヤモンド認定された、初のブラック・アーティストになった。RIAAによるダイヤモンド認定とは、セールスとストリーミングの合計が1,000万ユニット(10Xプラチナ)を突破したことを意味する。
 1985年のデビュー作『そよ風の贈りもの/Whitney Houston』と『ボディガード』のサウンドトラックに続き、1987年に発売された2ndアルバム『ホイットニーII~すてきなSomebody/Whitney』が最近ダイアモンド認定されたことにより、ホイットニーは、男性、女性、ソロ、グループ問わず、ブラック・アーティスト全体として初の大記録を達成した。
 『ホイットニーII/Whitney』からは、5曲の全米TOP10シングルが生まれ、「すてきなSomebody/I Wanna Dance With Somebody」、「恋のアドバイス/Didn’t We Almost Have It All」、「やさしくエモーション/So Emotional」、「ブロークン・ハーツ/Where Do Broken Hearts Go」の4曲は全てNo.1を獲得している。このことにより、ホイットニーは4曲連続で米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で首位を獲得した初の女性アーティストとなった。
 また、デビュー・アルバムからの「すべてをあなたに/Saving All My Love for You」、「恋はてさぐり/How Will I Know」、「グレイテスト・ラヴ・オブ・オール」を含めると、7作連続でNo.1を獲得するというかつてない記録も達成している。
 『ホイットニーII』は全世界で2,000万枚売れており、『そよ風の贈りもの』は13Xプラチナ、『ボディガード』は16Xプラチナと認定されている。死後8年経った今も彼女の人気に陰りは見えず、「オールウェイズ・ラヴ・ユー/I Will Always Love You』のミュージック・ビデオもYouTubeで最近10億再生を突破した。
 現在までに2作のアルバムがダイアモンド認定されたブラック・アーティストは、故マイケル・ジャクソン、故2パック、マライア・キャリーの3人だけだ。1作だけのアーティストは10組いる:プリンス&ザ・レヴォリューション、ボーイズ・II・メン、TLC、故ノトーリアス・B.I.G.、アウトキャスト、ハマー、ライオネル・リッチー、ネリー、スティーヴィー・ワンダー、アッシャーだ。
 ホイットニーは、2020年11月7日に開催される35回目となる【ロックの殿堂】の記念式典で、殿堂入りを果たす。また、彼女の遺産管理団体がゴーサインを出している伝記映画『I Wanna Dance With Somebody』が現在進行中で、2022年11月の全米公開を目指している。

あわせて読みたい

  • ザ・チェインスモーカーズ&ホールジー、「クローサー」のダイヤモンド認定を喜ぶ

    ザ・チェインスモーカーズ&ホールジー、「クローサー」のダイヤモンド認定を喜ぶ

    Billboard JAPAN

    9/18

    ブルーノ・マーズ、全米レコード協会から史上初となる5曲のダイヤモンド認定を受ける

    ブルーノ・マーズ、全米レコード協会から史上初となる5曲のダイヤモンド認定を受ける

    Billboard JAPAN

    5/28

  • 故ホイットニー・ヒューストン、2020年にホログラム・ツアー開催

    故ホイットニー・ヒューストン、2020年にホログラム・ツアー開催

    Billboard JAPAN

    5/21

    テイラー・スウィフト、2ndアルバム『フィアレス』ダイアモンド認定 最新作も300万ユニット突破

    テイラー・スウィフト、2ndアルバム『フィアレス』ダイアモンド認定 最新作も300万ユニット突破

    Billboard JAPAN

    12/12

  • リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」、米レコード協会によって最速でダイアモンド認定をうけた楽曲に

    リル・ナズ・Xの「オールド・タウン・ロード」、米レコード協会によって最速でダイアモンド認定をうけた楽曲に

    Billboard JAPAN

    10/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す