M!LKのハロウィーンオンラインライブ【SEXY HALLOWEEN ~WHO IS VAMPAIRE】配信 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

M!LKのハロウィーンオンラインライブ【SEXY HALLOWEEN ~WHO IS VAMPAIRE】配信

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
M!LKのハロウィーンオンラインライブ【SEXY HALLOWEEN ~WHO IS VAMPAIRE】配信

M!LKのハロウィーンオンラインライブ【SEXY HALLOWEEN ~WHO IS VAMPAIRE】配信


 M!LKが10月25日に自身3度目となるオンラインライブ【SEXY HALLOWEEN ~WHO IS VAMPAIRE】を開催した。

 コロナ禍においてもYouTubeやTwitterなどのSNSを通して積極的にコンテンツを発信しているM!LKは、6月に初のオンラインライブ【M!LK ONLINE CHU??】を、8月には“夏”をテーマにした【M!LK ONLINE CHU?? SUMMER ~Around the World~】を開催。3度目となる今回は、デビュー5年目にして初となる“ハロウィンパーティー”がテーマとなっており、佐野勇斗、塩崎太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人の5人は様々な衣装を用意。また、事前に本公演の総演出を手掛けたメンバーの塩崎のアイデアで「メンバーの中に一人だけ本物のヴァンパイアがいる」という謎解きの問題も出題。ライブの開催が発表された日から当日までの期間も楽しめるよう様々な仕掛けが用意されていた。

 今回の会場となったのは、煌びやかなシャンデリアやアンティークの家具、大理石のテーブルに囲まれたゴシック教会風のレストラン。仮面舞踏会仕様の手持ちマスクにハットを被り、白と黒のモノトーンの衣装で登場した5人は、2016年5月にリリースされた1stアルバム『牛乳の王様』に収録されていた「白黒Brand New World」という懐かしい楽曲でパーティーを幕開け。吉田がブレイクダンスのフリーズ技をダイナミックに繰り出すと、5人はキレのあるダンスで新しい時代の始まりを宣言し、最近は和楽器バージョンで届けてきた「サラブレッド御曹司 CITY BOY」は、久しぶりにオリジナルのユーロビートサウンドで歌い、80年代のバブルを連想させる無愛想な表情とダンスでクールに表現した。

 MCでは、吉田が「先日、僕と佐野勇斗が体調のことでご心配をおかけしましたが、こんなに元気になりました!」と回復を報告。今回のライブがハロウィンをコンセプトにしていることを説明し、塩崎は「ハロウィンが超超超大好き。おうちもカボチャだらけに飾りつけてるくらいなので、念願ですよ」と嬉しそうな表情を見せた。

 全員が自分がヴァンパイアだと主張する映像に続き、白い手袋をつけ、ヴァンパイアのマントを羽織ったメンバーは、願いを叶える呪文が織り込まれた「MAGIC CARPET」と未発表の新曲「君の知らない世界へ」を妖艶にセクシーに披露。再び視聴者を惑わす映像が流れると、メンバーはヴァンパイアからお菓子のモチーフなどがデザインされたパンプキン・ファーマー(カボチャ農夫)に早着替え。2016年3月の1stワンマンライブ以来となる「gkbr」では、5人で古い洋館に肝試しに来たかのように懐中電灯を使い、お化けも出てくるなど、当時の演出をオマージュした内容となっていた。

 トークコーナーに続き、塩崎の「Trick or Treat?」という言葉を合図に始まった「男子スイーツ部発足します」では、パンプキンバケツからお菓子を盛大にばらまき、「コーヒーが飲めません(Halloweenアレンジver)」では椅子を効果的に使ったダンスやフォーメーションを展開。ここで、佐野が「次が最後の曲です」と告げ、ラストナンバーとして、「Goin’ Down」で楽しさを伝え、あっという間にハロウィンパーティーは終了した。

 ここからはアンコールという名のアフターパーティーに突入。一人一人にフォーカスを当てたソロメドレーではこの日だけのスペシャルなコスプレも披露。羽を付けた民族衣装の塩崎が口に手を当てて雄叫ぶと、海賊になった曽野は廊下を全力疾走。エルヴィス・プレスリーに完璧になりきった佐野は、胸元を大胆に開いて激しくシャウト。山中はモーツアルトに扮してソファに座り、羊のぬいぐるみと甘い歌声を響かせ、仔牛にまたがったナポレオンとなった吉田はありのままの吉田を解き放った。最後に5人が勢揃いし、「疾走ペンデュラム」を賑やかにパフォーマンス。佐野が「皆さんの愛の力でライブを成功させることができました。あったかいM!LKはやっぱり、僕にとってのHOMEです!」と感謝の気持ちを述べ、仮装したままのカッコで「HOME」を聴き手を包み込むように歌いあげ、激しいミクスチャーロック「SAY YEAH」で熱気を引き上げた。最後に、塩崎が「超楽しかった! 今回、演出を務めさせていただいたんですが、達成感で満ち溢れています」と充実した表情で語り、「とりあえず、み!るきーずに会いたいね」とこぼし、5人は手を振ってステージを後にした。

 メンバーが去った後の映像で「本物のヴァンパイア」の正体が明かされた。「MAGIC CARPET」「君の知らない世界へ」を歌唱中の彼の白い手袋に血がついていたことに気づいた人も多かったよう。また、映像内の彼の手からは新たな招待状が残された。次はクリスマスシーズンに何かがあるのかどうか。続報を期待して待ちたい。

 本公演はニコニコ生放送にて配信。会員登録すると全編を11月8日23:59までタイムシフト視聴できる。また、ライブの実況生放送番組「ライブコメンタリー」が放送決定。詳細はオフィシャルサイトで発表予定となっている。

【セットリスト】
01.白黒Brand New World
02.サラブレッド御曹司CITY BOY
03.MAGIC CARPET
04.君の知らない世界へ
05.gkbr
06.男子スイーツ部発足します
07.コーヒーが飲めません
08.Goin’ Down
09.めちゃモル
10.ERA
11.テルネロファイター
13.夢がまだ
14.疾走ペンデュラム
15.HOME
16.SAY YEAH




文:永堀アツオ
カメラマンクレジット:笹森健一


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい