【ビルボード】LiSA「炎」と『LEO-NiNE』で史上初のダブル総合首位獲得 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA「炎」と『LEO-NiNE』で史上初のダブル総合首位獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA「炎」と『LEO-NiNE』で史上初のダブル総合首位獲得

【ビルボード】LiSA「炎」と『LEO-NiNE』で史上初のダブル総合首位獲得


 2020年10月26日付(集計期間:2020年10月12日~10月18日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、LiSAの「炎」が総合首位を獲得した。

 LiSAは初週売上65,000枚を売り上げたシングル「炎(ほむら)」、同じく66,165枚を売り上げたニュー・アルバム『LEO-NiNE』がそれぞれCDセールスとダウンロードで1位となり、“JAPAN HOT100”と総合アルバム・チャート“JAPAN HOT ALBUMS”で共に総合首位をW獲得した。ビルボードジャパンがチャート公表を開始して以来、史上初の快挙だ。「炎」は、CDセールスとダウンロード以外に、ラジオとTwitterでも1位となり、合計4冠を獲得。他指標でもストリーミング2位、CD読み取り回数のルックアップ2位、動画再生3位といずれも高い順位を獲得しており、日本歴代1位の動員・興行収入記録を打ち立てた『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編 』の公開週に相応しい結果となった。また、TVアニメの主題歌「紅蓮華」も全指標でポイントを増加させ、総合順位を8位から4位に上げている。

 激しい順位争いを見せていたBTSの「Dynamite」とYOASOBIの「夜に駆ける」は、「Dynamite」が当週に入り、ダウンロードが前週8,379DLから当週14,813DLへ、ストリーミングは前週9,621,864再生から当週10,760,115再生へと増加させ、「夜に駆ける」を逆転して4週間ぶりに総合2位に立った。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[-]「炎」LiSA(65,000枚・144,446ADL・8,989,155再生)
2位[3]「Dynamite」BTS(-・14,813DL・10,760,115再生)
3位[2]「夜に駆ける」YOASOBI(-・10,746DL・8,684,993再生)
4位[8]「紅蓮華」LiSA(3,369枚・22,060DL・5,160,756再生)
5位[4]「Make you happy」NiziU(-・9,748DL・5,769,967再生)
6位[1]「KISSIN' MY LIPS」Snow Man(41,131枚・-・-)
7位[-]「エメラルド」back number(-・27,692DL・2,557,294再生)
8位[5]「香水」瑛人(-・6,938DL・4,900,234再生)
9位[6]「裸の心」あいみょん(-・5,776DL・5,318,130再生)
10位[9]「感電」米津玄師(-・4,634DL・5,027,322再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい