【ビルボード】LiSA「炎」がアニメ堂々首位、「紅蓮華」ほか『鬼滅の刃』関連曲が上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA「炎」がアニメ堂々首位、「紅蓮華」ほか『鬼滅の刃』関連曲が上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA「炎」がアニメ堂々首位、「紅蓮華」ほか『鬼滅の刃』関連曲が上昇

【ビルボード】LiSA「炎」がアニメ堂々首位、「紅蓮華」ほか『鬼滅の刃』関連曲が上昇


 2020年10月26日付(集計期間:2020年10月12日~10月18日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN Hot Animation”で、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌であるLiSAの「炎」が1位に輝いた。

 10月16日より公開した『無限列車編』は公開3日間で342万人動員、興行収入46億円突破と、平日・土日における国内映画の興収・動員の歴代1位の大ヒットスタートを見せた。公開週にCD発売&デジタル配信がスタートした「炎(ほむら)」は、カラオケを除く全7指標で1位を獲得。2位以下に大きなポイント差をつけて堂々の1位に輝いた。その2位にはTVアニメのオープニング曲「紅蓮華」が、全指標でポイントを上昇させてチャートイン。また、「竈門炭治郎のうた」(ダウンロード3位)とエンディング曲の「from the edge」(ダウンロード5位)も、それぞれ12位と18位にチャートインし、約1年ぶりにトップ20内にカムバックするという、まさに鬼滅色の強いチャート結果となった。

 3位には前週と変わらずEveの「廻廻奇譚」(TVアニメ『呪術廻戦』オープニング曲)がチャートイン。ラジオ3位、ダウンロード4位、Twitter 6位、ストリーミング7位、動画再生7位と高い人気をキープしている。

 前週9位にチャートインしたReoNaの「ANIMA」(TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』オープニング)は、当週もデジタル指標で好調なアクションを見せて8位にチャートイン。10位には『アイドルマスター シャイニーカラーズ』より、イルミネーションスターズの「Twinkle way」がCDセールス2位、CD読み取り回数のルックアップで4位、ダウンロード12位で10位に初登場した。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「炎」LiSA
2位「紅蓮華」LiSA
3位「廻廻奇譚」Eve
4位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE
5位「イエスタデイ」Official髭男dism
6位「ハルノヒ」あいみょん
7位「花に亡霊」ヨルシカ
8位「ANIMA」ReoNa
9位「NAVIGATOR」SixTONES
10位「Twinkle way」イルミネーションスターズ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい