【2020 #BBMAs】ピンクが<トップ・ツアー・アーティスト賞>受賞を感謝「ライブ・ミュージックが恋しい」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【2020 #BBMAs】ピンクが<トップ・ツアー・アーティスト賞>受賞を感謝「ライブ・ミュージックが恋しい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【2020 #BBMAs】ピンクが<トップ・ツアー・アーティスト賞>受賞を感謝「ライブ・ミュージックが恋しい」

【2020 #BBMAs】ピンクが<トップ・ツアー・アーティスト賞>受賞を感謝「ライブ・ミュージックが恋しい」


  現地時間2020年10月14日に開催された【2020 ビルボード・ミュージック・アワード】(BBMAs)で、<トップ・ツアー・アーティスト賞(Top Touring Artist)>を受賞したピンクが、自身のツアーを可能にするクルーとファンへの感謝をツイートした。

 「ツアー賞に心から感謝しています@BBMAs、私の感謝の気持ちの大半は、ツアー・クルー/ファミリー、そして私たちのショーを観に来てくれた素晴らしいファンへ向けられています。あなたたちのエネルギーが全てを可能にしているのです」と述べると、「ライブ・ミュージックが恋しいです」と涙を流す絵文字とともに締めくくった。今年は新型コロナウイルスの影響でコンサートができない状況が続く中、普段は精力的にツアーに行っているピンクも自宅で家族と過ごしている。

 今年の【BBMAs】は、社会的距離を保った上、無観客で開催され、デミ・ロヴァート、ガース・ブルックス、BTS、ドージャ・キャット、バッド・バニーやポスト・マローンなどがパフォーマンスを披露した。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい