【先ヨミ】LiSA『LEO-NiNE』が41,451枚を売り上げアルバム首位走行中 和楽器バンド/氷川きよしが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】LiSA『LEO-NiNE』が41,451枚を売り上げアルバム首位走行中 和楽器バンド/氷川きよしが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】LiSA『LEO-NiNE』が41,451枚を売り上げアルバム首位走行中 和楽器バンド/氷川きよしが続く

【先ヨミ】LiSA『LEO-NiNE』が41,451枚を売り上げアルバム首位走行中 和楽器バンド/氷川きよしが続く

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年10月12日~10月14日の集計が明らかとなり、LiSAの『LEO-NiNE』が41,451枚を売り上げて首位を走っている。

 本作は、LiSAにとって3年ぶり、5枚目となるオリジナル・アルバムで、2020年上半期総合アニメソング・チャート“HOT Animation”で首位を獲得した「紅蓮華」や、アニメ『ソードアート・オンラインアリシゼーション』の主題歌に起用された「ADMAMAS」、「unlasting」など、全13曲が収録されている。

 『LEO-NiNE』は、2017年にリリースされた前アルバム『LiTTLE DEViL PARADE』の初週売上30,019枚を上回る41,451枚を初動3日間で売り上げている。なおLiSAは、『LEO-NiNE』と同時発売でシングル『炎』をリリースしており、同作も現在シングル・セールス速報で1位を走っている。

 2位は、16,572枚を売り上げている和楽器バンドの『TOKYO SINGING』。本作は10月5日よりデジタル配信がスタートし、2020年10月19日付(集計期間:2020年10月5日~10月11日)のダウンロード・アルバム・チャートで初登場1位を獲得している。3位には、氷川きよしの『生々流転』が続く。同作には、2020年第1弾シングル「母」のほか、オリジナル曲と名曲カバーの計14曲が収録されている。

 2020年10月19日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で首位を獲得した欅坂46の『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』は、当週も7,478枚を売り上げ現在4位を走行中。欅坂46は、10月12日、13日にラストライブを開催し、10月14日より櫻坂46に改名した。なお12月9日には、櫻坂46としての1stシングル『Nobody's fault』をリリースすることが決定している。
 

◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年10月12日~10月14日)
1位『LEO-NiNE』LiSA(41,451枚)
2位『TOKYO SINGING』和楽器バンド(16,572枚)
3位『生々流転』氷川きよし(9,495枚)
4位『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』欅坂46(7,478枚)
5位『STRAY SHEEP』米津玄師(4,299枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい