【ビルボード】欅坂46『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』が総合アルバム首位 刀剣乱舞/ReoNaが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】欅坂46『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』が総合アルバム首位 刀剣乱舞/ReoNaが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】欅坂46『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』が総合アルバム首位 刀剣乱舞/ReoNaが続く

【ビルボード】欅坂46『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』が総合アルバム首位 刀剣乱舞/ReoNaが続く


 2020年10月19日付(集計期間:2020年10月5日~10月11日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、欅坂46の『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』が総合首位を獲得した。

 本作は、欅坂46にとって初となるベスト・アルバム。そのCDセールスは137,817枚で1位を記録しており、そのほかダウンロードは1,757DLで4位、ルックアップは3位を記録している。ちなみに、欅坂46は10月14日より新名称「櫻坂46」として活動をスタート。12月9日に櫻坂46の1stシングル『Nobody's fault』をリリースすることが決定している。

 総合2位には『刀剣乱舞-ONLINE- 歌曲集と物語「あなたと 私と」』がチャートイン。CDセールスが29,121枚で2位を記録しているが、ダウンロードは708DLで8位、ルックアップは10位と上位ではあるものの、トップ5から外れる結果となった。総合3位にはReoNaの『unknown』が続く。本作はCDセールスが13,412枚で4位、ルックアップが15位であったものの、ダウンロードでは2,806DLで2位を記録。CDセールスよりも高い順位を本チャートで記録することになった。

 そのほかトップ10には、Aqoursの『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CHRONICLE(2015~2017)』(総合5位)、NU'ESTの『DRIVE』(総合7位)、『エヴァンゲリオン』シリーズ25周年を記念したヴォーカルセレクションCD『EVANGELION FINALLY』(総合8位)、西山宏太朗の『CITY』(総合9位)、和楽器バンドの『TOKYO SINGING』(総合10位)の計5作品が初登場。『TOKYO SINGING』はダウンロードで3,187DLで1位を記録しており、10月14日にCDリリースされる。

 総合4位にチャートインしている米津玄師の『STRAY SHEEP』は当週でチャートイン10週目を記録。ポイントは微減傾向ではあるものの、当週はCDセールス8位、ダウンロード3位、ルックアップ1位と上位をキープ。ルックアップは通算9週首位、ダウンロードは初週から現在までトップ3をキープしている。また、総合6位にチャートインしているあいみょんの『おいしいパスタがあると聞いて』は当週でチャートイン5週目を記録。こちらもルックアップは初週から現在までトップ3をキープしている。


◎【HOT ALBUMS】トップ10
1位『永遠より長い一瞬 ~あの頃、確かに存在した私たち~』欅坂46
2位『刀剣乱舞-ONLINE- 歌曲集と物語「あなたと 私と」』(ゲーム・ミュージック)
3位『unknown』ReoNa
4位『STRAY SHEEP』米津玄師
5位『ラブライブ!サンシャイン!! Aqours CHRONICLE(2015~2017)』Aqours
6位『おいしいパスタがあると聞いて』あいみょん
7位『DRIVE』NU'EST
8位『EVANGELION FINALLY』(アニメ)
9位『CITY』西山宏太朗
10位『TOKYO SINGING』和楽器バンド


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい