【ビルボード】LiSA「紅蓮華」がアニメ再び首位、ReoNa「ANIMA」がトップ10浮上 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA「紅蓮華」がアニメ再び首位、ReoNa「ANIMA」がトップ10浮上

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA「紅蓮華」がアニメ再び首位、ReoNa「ANIMA」がトップ10浮上

【ビルボード】LiSA「紅蓮華」がアニメ再び首位、ReoNa「ANIMA」がトップ10浮上


 2020年10月19日付(集計期間:2020年10月5日~10月11日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN Hot Animation”で、TVアニメ『鬼滅の刃』のオープニング曲であるLiSAの「紅蓮華」が1位に輝いた。

 首位連続記録を8でストップして前週は2位にチャートインした「紅蓮華」は、当週も変わらずストリーミング、ダウンロード、カラオケ、動画再生の4指標で1位を記録して、再び首位に。LiSAは10月16日に映画公開を迎える『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の主題歌「炎」のCD発売とデジタル配信、そしてミュージックビデオを公開したばかりで、次週は両曲のトップ争いが予想される。

 2位には、スマートフォンゲーム『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』の主題歌である水樹奈々の「FIRE SCREAM」がチャートイン。本曲を収録した40thシングルがCD発売され、CDセールスとラジオで1位、CD読み取り回数のルックアップで2位、Twitter 4位、ダウンロード7位を記録した。また、前週10位に初登場したEveの「廻廻奇譚」(TVアニメ『呪術廻戦』オープニング曲)は、ダウンロード2位、ラジオ3位、ストリーミング6位、動画再生7位、Twitter 7位でトップ3入りを果たした。

 そのほか、今年7月にリリースされたReoNaの「ANIMA」(TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』オープニング)は、10月9日に人気一発録りシリーズ『FIRST TAKE』が公開された影響からか、当週9位にチャートイン。9週ぶりにトップ10にカムバックした。またSnow Manの「Stories」(TVアニメ『ブラッククローバー』オープニング)はTwitter 1位、動画再生6位で10位にチャートイン。本曲を収録した2ndシングルは初週939,589枚を売り上げて、最新週間シングル・セールス・チャート“Billboard JAPAN Top Singles Sales”で首位を獲得したが、「Stories」はトラック2番となるため、フィジカル・ポイントが含まれない。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「紅蓮華」LiSA
2位「FIRE SCREAM」水樹奈々
3位「廻廻奇譚」Eve
4位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE
5位「イエスタデイ」Official髭男dism
6位「花に亡霊」ヨルシカ
7位「ハルノヒ」あいみょん
8位「NAVIGATOR」SixTONES
9位「ANIMA」ReoNa
10位「Stories」Snow Man


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい