ナイル・ホーラン、自身のツアー・クルー救済のために有料ライブ配信を実施へ 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ナイル・ホーラン、自身のツアー・クルー救済のために有料ライブ配信を実施へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ナイル・ホーラン、自身のツアー・クルー救済のために有料ライブ配信を実施へ

ナイル・ホーラン、自身のツアー・クルー救済のために有料ライブ配信を実施へ


 ナイル・ホーランが、自身のツアー・クルーのために資金を集める一夜限りのライブ配信を、現地時間2020年11月7日に英ロンドンのロイヤル・アルバート・ホールで行うことを発表した。

 新型コロナウイルスのパンデミックの影響で、ナイルは今年予定してたツアー【Nice To Meet Ya Tour】をキャンセルしている。今回のライブ配信の売り上げは、職を失った彼のツアー・クルーと世界中のクルーを援助する#WeNeed Crew救済基金とで分割される。

 「コンサートは、私たち全員が恋しく思っているものです。私たちがツアーを再開できるようになるまで、そういった公演を実現させるためにツアー業界で働く素晴らしい人々、そして彼らの生活がひどく影響を受けていることを強調したいです」とナイルはプレス・リリースで述べた。「多くの人が楽しむこの業界で働くクルーの価値に対する意識を高めるために、このコンサートを実施し、彼らとその家族を助けたいです。ファンのみなさん、私と一緒に彼らを支援するためにチケットを購入してください。そして、全てのアーティストに同じようにすることを勧めます」と続けた。

 今回のライブ配信では、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で首位を獲得したデビュー・アルバム『フリッカー』、最新作『ハートブレイク・ウェザー』の2枚のアルバムからの楽曲が披露され、パフォーマンスの模様は複数人のカメラクルーによって撮影される予定だ。

 ライブ配信のチケットは、日本時間10月16日の午後5時より発売される。チケット購入時、ファンは#WeNeedCrew救済基金とアイルランドのAIST基金に別途募金できる。Driift社が制作する11月7日のライブ配信には4つの時間帯のオプションがあり、日本時間は11月8日の午後6時開始となる。ライブストリーム終了後のオンデマンド配信は予定されていない。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい