ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画『Billie Eilish: The World’s a Little Blurry』が来年公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画『Billie Eilish: The World’s a Little Blurry』が来年公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画『Billie Eilish: The World’s a Little Blurry』が来年公開

ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画『Billie Eilish: The World’s a Little Blurry』が来年公開


 ビリー・アイリッシュのドキュメンタリー映画『Billie Eilish: The World’s a Little Blurry』(世界はちょっとぼやけてる)が、2021年2月にApple TV+でリリースされ、全米では劇場公開もされる。

 監督は『Belushi』や『ファッションが教えてくれること/The September Issue』などを手掛けたR.J.カトラーで、Apple Original Filmsが、Interscope Films、Darkroom、This MachineとLighthouse Management & Mediaと共同製作したこの作品は、2019年12月に発表され、ビリーには2,500万ドル(約27億円)が支払われたと報じられている。

 米ビルボードの2019年<ウーマン・オブ・ザ・イヤー賞>を受賞した18歳のビリーは、2020年の【第62回グラミー賞】で主要4部門(アルバム賞、レコード賞、楽曲賞、新人賞)を同時受賞した。これは最年少かつ女性初の快挙で、彼女は更に<最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞>も受賞している。ドキュメンタリーは、数々の賞に輝いたデビュー・アルバム『ホエン・ウィ・オール・フォール・アスリープ、ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー?』の制作過程を追ったものとなる。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい