『9月25日はなんの日?』ウィル・スミスの誕生日、バッドボーイズ第3弾も大ヒットを記録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『9月25日はなんの日?』ウィル・スミスの誕生日、バッドボーイズ第3弾も大ヒットを記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『9月25日はなんの日?』ウィル・スミスの誕生日、バッドボーイズ第3弾も大ヒットを記録

『9月25日はなんの日?』ウィル・スミスの誕生日、バッドボーイズ第3弾も大ヒットを記録


 9月25日は俳優、映画プロデューサー、ラッパーとしてマルチに活躍するウィル・スミスの52歳の誕生日。

 ウィル・スミスは1968年9月25日、米・ペンシルベニア州フィラデルフィア生まれ。ハリウッドを代表する映画スターの1人として日本でも抜群の人気と知名度を誇るウィル・スミスだが、その華々しいキャリアはラッパー“フレッシュ・プリンス”としての活動が起点だ。1987年、DJ・ジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスとしてアルバム『Rock the House』でデビューを果たし、翌年リリースの2ndアルバム『He's the DJ, I'm the Rapper』が全米ビルボード4位を記録。同作からの3rdシングル「Parents Just Don't Understand」で初の【グラミー賞】を獲得している。

 90年代に入ってからは本格的にTV・映画界に進出し俳優としての活動がメインとなったが、自身が主演を務めた大ヒット映画『メン・イン・ブラック』(1997年)の主題歌とサウンドトラックが全米ビルボードNo.1の大ヒットを記録。その後も「ゲッティン・ジギー・ウィズ・イット」(1998年)、「ワイルド・ワイルド・ウエスト」(1999年)とソロ名義で全米No.1ヒットを連発し2年連続で【グラミー賞】を受賞するなど、音楽界でも成功を収めている。

 近年は再び俳優・映画プロデューサーとしてハリウッドでの活動がメインとなっているが、ディズニー映画『アラジン』(2019年)では、ランプの魔人ジーニーを演じ、劇中でラップ調のナンバー「フレンド・ライク・ミー」を披露し話題に。また、昨年10月にはSFアクション映画『ジェミニマン』、今年1月には人気シリーズ『バッドボーイズ』の第3弾『バッドボーイズ フォー・ライフ』と立て続けに主演映画が公開され、1月公開作としては歴代1位となる興行収入を記録。全米大ヒットを受け、早くも第4弾の製作が企画されていることが報じられている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい