和楽器バンド、エヴァネッセンスのエイミー・リーを迎えた「Sakura Rising」が配信スタート&アニメ映像も公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

和楽器バンド、エヴァネッセンスのエイミー・リーを迎えた「Sakura Rising」が配信スタート&アニメ映像も公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
和楽器バンド、エヴァネッセンスのエイミー・リーを迎えた「Sakura Rising」が配信スタート&アニメ映像も公開

和楽器バンド、エヴァネッセンスのエイミー・リーを迎えた「Sakura Rising」が配信スタート&アニメ映像も公開


 2020年10月14日にリリースされる和楽器バンドのニュー・アルバム『TOKYO SINGING』から新曲「Sakura Rising with Amy Lee of EVANESCENCE」が各種音楽配信サービスで先行配信スタートした。

 本曲にゲスト参加しているのは、過去に2度の【グラミー賞】を受賞し、アルバム『フォールン』が世界中で1,700万枚のセールスを記録したエヴァネッセンスのボーカル、エイミー・リーだ。彼女が以前、和楽器バンドのライブ映像を見てその圧倒的なパフォーマンスに感銘を受け、和楽器バンドの鈴華ゆう子(Vo.)と町屋(G.)をエヴァネッセンスの米ロサンゼルス公演に招待したことがきっかけで、両者の交流が始まった。

 その後もお互いのSNSで交流を深め、今年2月に開催された【和楽器バンド Premium Symphonic Night Vol.2 ライブ&オーケストラ~ in大阪城ホール 2020】にエイミー・リーがゲスト出演。公演ではエヴァネッセンスの代表曲「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」と和楽器バンドの「千本桜」の2曲がスペシャルコラボレーションとして披露され、会場を湧かせた。日本のみならず海外でも大きな反響を呼んだそのパフォーマンスから、「ブリング・ミー・トゥ・ライフ」の映像がフル公開されている。

 大阪城ホールのライブ前日に町屋とエイミー・リーがスタジオに入り、作曲及びトラック制作をスタートさせ、ライブ翌日には鈴華ゆう子も参加してメロディ、トラック、そして歌詞のイメージを共有。念願だった楽曲制作が実現し、その後エイミーは帰国するが、コロナ禍の中でもメールやSNS等でオンライン制作を続け、幾度のやり取りを経て完成を迎えた。公開されたアニメーションリリックビデオは、日米のイラストレーターがそれぞれイラストを手掛けており、“離れていても、心の奥深いところでは繋がっている”という楽曲のテーマを「Sakura」という世界共通のキーワードを通して表現している。

 SNS上では両者のファンから「これは最高のものになる!」、「oh my god! このコラボ最高」、「日本とアメリカが繋がって嬉しい!」など多くの反響が寄せられた。アルバム発売へ向け活動が活発になっている和楽器バンドの動向に注目だ。


◎リリース情報
「Sakura Rising with Amy Lee of EVANESCENCE」
2020/9/18 DIGITAL RELEASE
https://umj.lnk.to/sakura_rising


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい