【ビルボード】BUMP OF CHICKEN「Gravity」DLソング首位、TM NETWORK「Get Wild」が急上昇

2020/09/16 16:23

【ビルボード】BUMP OF CHICKEN「Gravity」DLソング首位、TM NETWORK「Get Wild」が急上昇
【ビルボード】BUMP OF CHICKEN「Gravity」DLソング首位、TM NETWORK「Get Wild」が急上昇


 2020年9月21日付(集計期間:2020年9月7日~9月13日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、BUMP OF CHICKENの「Gravity」が、29,377ダウンロード(DL)を売り上げて、首位デビューを果たした。
 9月18日公開のアニメーション映画『思い、思われ、ふり、ふられ』の主題歌に起用されている「Gravity」は9月10日に配信され、集計対象が週末のみだったにも関わらず、2位に大差をつけて首位に輝いた。他指標においては、動画再生60位、Twitter 62位、ラジオ66位を記録して、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では、DLが牽引して13位に初登場した。
 続くあいみょんの「裸の心」は3週連続で2位をキープし、チャートイン73週目のLiSAの「紅蓮華」は3位に浮上した。また、前週初登場No.1を獲得したYOASOBIの「群青」は4位へとランクダウンしたものの、ストリーミング、動画再生、ラジオ指標で好調に推移したことを受けて、“JAPAN HOT 100”では前週10位から8位へとランクアップする結果となった。
 当週トップ10デビューしたのは「Gravity」のみだが、トップ100圏外から大きくジャンプアップを果たしたTM NETWORKの「Get Wild」が9位についている。同曲を聴きながら退勤するとテンション上がるとSNS上で話題になったことや、9月12日に放送された音楽番組『THE MUSIC DAY 人はなぜ歌うのか?』で、乃木坂46による小室哲哉メドレーの1曲として披露されたことをきっかけに注目が集まり、Twitterや動画再生の指標でもポイントを伸ばした。


◎【Download Songs】トップ10
1位「Gravity」BUMP OF CHICKEN(29,377ダウンロード)
2位「裸の心」あいみょん(16,783ダウンロード)
3位「紅蓮華」LiSA(14,421ダウンロード)
4位「群青」YOASOBI(13,807ダウンロード)
5位「Make you happy」NiziU(13,572ダウンロード)
6位「夜に駆ける」YOASOBI(12,834ダウンロード)
7位「香水」瑛人(12,336ダウンロード)
8位「感電」米津玄師(11,800ダウンロード)
9位「Get Wild」TM NETWORK(11,200ダウンロード)
10位「Memento」nonoc(10,273ダウンロード)

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】Ado「うっせぇわ」DLソング3週連続首位、菅田将暉/香取慎吾/Nissyがトップ10デビュー

    【ビルボード】Ado「うっせぇわ」DLソング3週連続首位、菅田将暉/香取慎吾/Nissyがトップ10デビュー

    Billboard JAPAN

    2/10

    【ビルボード】BUMP OF CHICKEN「アカシア」がDLソング首位、西川くんとキリショーTOP10デビュー

    【ビルボード】BUMP OF CHICKEN「アカシア」がDLソング首位、西川くんとキリショーTOP10デビュー

    Billboard JAPAN

    10/7

  • 【ビルボード】LiSA「紅蓮華」6週連続アニメ首位、「#GetWild退勤」で『シティーハンター』テーマ曲がトップ10入り

    【ビルボード】LiSA「紅蓮華」6週連続アニメ首位、「#GetWild退勤」で『シティーハンター』テーマ曲がトップ10入り

    Billboard JAPAN

    9/16

    【ビルボード】米津玄師「感電」が15万DL超えでDLソング首位、計9曲がトップ100圏内に

    【ビルボード】米津玄師「感電」が15万DL超えでDLソング首位、計9曲がトップ100圏内に

    Billboard JAPAN

    7/15

  • 【ビルボード】LiSA「紅蓮華」が1.9万DLで首位返り咲き、『PRODUCE 101 JAPAN』関連楽曲TOP10デビュー

    【ビルボード】LiSA「紅蓮華」が1.9万DLで首位返り咲き、『PRODUCE 101 JAPAN』関連楽曲TOP10デビュー

    Billboard JAPAN

    12/18

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す