ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える曲「ターンテーブルス」を発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える曲「ターンテーブルス」を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える曲「ターンテーブルス」を発表

ジャネール・モネイ、選挙権における人種差別を訴える曲「ターンテーブルス」を発表


 【グラミー賞】ノミネート歴を誇るシンガーソングライターのジャネール・モネイが待望の新曲「ターンテーブルス」を発表した。

 「ターンテーブルス」は、【グラミー賞】にノミネートされた3枚目のソロ・アルバム『ダーティー・コンピューター』以来初の新曲となり、ジャネール・モネイ本人、そしてNathaniel Irvin III、George Aが作曲作詞を務めている。

 この曲は、【アカデミー賞】ノミネート及び【エミー賞】を受賞したリズ・ガーバスと、【アカデミー賞】と【エミー賞】にノミネートされた、リサ・コルテスが監督を務め、ガーバス、コルテスと【アカデミー賞】にノミネートされたダン・コーガン、ステイシー・エイブラムスにより制作された、2020年アメリカの大統領選挙において、有権者抑圧の問題を考察したAmazon Studiosのドキュメンタリー『All In: The Fight For Democracy(民主主義のための戦い)』の為に制作された曲となる。

◎リリース情報
配信シングル「ターンテーブルス/ Turntables」
2020/9/8 RELEASE
https://Japan.lnk.to/JMTTPu


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい