レゲエ界の伝説フレデリック・“トゥーツ”・ヒバートが77歳で死去、ジギー・マーリー/ミック・ジャガーらが追悼

2020/09/14 14:30

レゲエ界の伝説フレデリック・“トゥーツ”・ヒバートが77歳で死去、ジギー・マーリー/ミック・ジャガーらが追悼
レゲエ界の伝説フレデリック・“トゥーツ”・ヒバートが77歳で死去、ジギー・マーリー/ミック・ジャガーらが追悼


 2020年9月11日に77歳で死去したジャマイカの伝説的レゲエ・アーティスト、フレデリック・“トゥーツ”・ヒバートの訃報を受け、ジギー・マーリーやミック・ジャガーなど多くの有名アーティストが哀悼の意を表している。
 トゥーツ&ザ・メイタルズのフロントマンとして活躍したヒバートのことを“父親のよう”に感じていたというマーリーは、「レジェンドだったトゥーツ・ヒバートがこの世を去った。僕は数週間前に彼と話し、どれだけ愛しているか伝え、僕たちは笑い合ってお互いに対する尊敬の念を分かち合った。彼は僕にとって父親のような存在で、彼のスピリットは僕らと共にある。彼の音楽は彼のエネルギーで満たしてくれる。僕は彼のことを忘れない、RIP巨大で強力なNYAH FYAH BALL」とTwitterに投稿した。
 ジャガーもTwitterに、「トゥーツ・ヒバートが亡くなったと聞いてとても悲しんでいる。“プレッシャー・ドロップ”を始めて聴いた時は決定的な瞬間だった。彼はとてもパワフルな声を持っていて、ステージでは観客に自分のエネルギーの全てを提供していた。音楽界にとって悲しい損失だ」と投稿している。
 ユスフ(キャット・スティーヴンス)は、「トゥーツ・ヒバートの訃報を聞いて悲しんでいる。彼はスカ、ロック・ステディ、レゲエの初期の創始者の一人だった。彼の家族と愛する人たちのことを思い、祈りを捧げる。彼の魂に神の恵みを」と投稿している。
 ヒバートの逝去は、バンドの公式SNSを通じ、「彼は今夜、ジャマイカ・キングストンのUniversity Hospital of the West Indiesで、家族や友人に見守られながら安らかに旅立った」と発表された。死因は発表されていないが、最近集中治療室に入り、新型コロナウイルスの検査結果を待っていたと報じられていた。

あわせて読みたい

  • 主要4部門だけじゃないグラミー賞、最優秀レゲエ・アルバムに注目

    主要4部門だけじゃないグラミー賞、最優秀レゲエ・アルバムに注目

    Billboard JAPAN

    2/12

    【グラミー賞2018】主要部門だけじゃない、最優秀レゲエ・アルバムにも注目

    【グラミー賞2018】主要部門だけじゃない、最優秀レゲエ・アルバムにも注目

    Billboard JAPAN

    1/29

  • 『5月11日はなんの日?』ボブ・マーリーの命日、“レゲエの神様”の早すぎる死から36年

    『5月11日はなんの日?』ボブ・マーリーの命日、“レゲエの神様”の早すぎる死から36年

    Billboard JAPAN

    5/11

    『5月11日はなんの日?』ボブ・マーリーの命日、“レゲエの神様”没後37年

    『5月11日はなんの日?』ボブ・マーリーの命日、“レゲエの神様”没後37年

    Billboard JAPAN

    5/11

  • 『5月11日はなんの日?』ボブ・マーリーの命日、“レゲエの神様”没後38年

    『5月11日はなんの日?』ボブ・マーリーの命日、“レゲエの神様”没後38年

    Billboard JAPAN

    5/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す