Skoop On Somebody、全14公演に及ぶ【~Acoustic live2020~】が開幕 「こんなにライブを恋しく思ったのは今までの人生でも一番」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Skoop On Somebody、全14公演に及ぶ【~Acoustic live2020~】が開幕 「こんなにライブを恋しく思ったのは今までの人生でも一番」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Skoop On Somebody、全14公演に及ぶ【~Acoustic live2020~】が開幕 「こんなにライブを恋しく思ったのは今までの人生でも一番」

Skoop On Somebody、全14公演に及ぶ【~Acoustic live2020~】が開幕 「こんなにライブを恋しく思ったのは今までの人生でも一番」


 Skoop On Somebodyによる全14公演に及ぶビルボードライブ公演、【Skoop On Somebody ~Acoustic live2020~】が、2020年9月6日、ビルボードライブ横浜にて開幕した。

 思えば2020年はTAKEとKO-ICHIROの2人にとって特別な1年になるはずだった結成25周年というアニバーサリー・イヤー。しかも昨年リリースした最新アルバム『What is love?』を引っさげてのツアー【What is love? Release Tour】が予定されており、その歌と演奏を全国のファンに直接届けるチャンスが待っているはずの1年だった。

 しかし、言わずもがな、新型コロナウィルス感染症の拡大と、その防止策としての様々な社会的な制限が広がる中で、当初の目論見は瓦解してしまった。リリース・ツアーは無念にも途中で中止となった。そのことが彼らに与えた失意は、外野からは想像することすら難しいほど大きなものであったに違いない。

 だが、そんな中でも7月には自らのラジオ番組の企画から生まれた新曲「Keep Calm and Carry On」をリリース。また、KO-ICHIROが自宅からピアノの演奏を生配信したり、過去のライブ映像をYouTubeでプレミア公開するなど、大げさな言い方をすれば、音楽を世の中に届けることの灯火を、彼らはつなぎ続けてきた。

 それだけに、約半年ぶりに観客の前で生の歌と演奏を届ける機会となる今回のビルボードライブ公演にかける思いは並々ならぬものがあったようだ。しかも会場は2007年の開業以来、エリカ・バドゥやカーク・フランクリンなど数々のブラック・ミュージックのアーティストを招聘してきた、S.O.S.にとって、いわば聖地とも言えるビルボードライブ。公演発表時にも掲げられていた通り、本公演が「シングル曲をメイン」に「全曲アレンジ」を施して臨む、というチャレンジングな機会となったことからも、S.O.S.の気迫がうかがい知れる。

 満を持して行われるそんなライブシリーズの初日となった、この日。ファンにとっては何度も繰り返し聴いてきた名曲の数々を、このライブのために施した特別なバージョンで、しかもライブ空間で聴くことのできるという、またとないチャンス。今後の公演、そして10月7日のライブ配信を待ち望んでいるリスナーのために具体的な曲名の言及は控えるが、今回のライブはまさに「ザ・Skoop On Somebody」と呼ぶべき、彼らの代表曲がこれでもかと並んだ珠玉のセットリストとなった。それゆえに、客席を通常時の半分に減らし、観客全員がマスクを着用して歓声を控えて臨んだ警戒下でのライブであっても、楽曲が披露されるごとに、言葉ではなく心の“ざわめき”が会場を満たしていくのが手に取るように感じられた。

 インティメイトな空間に相応しいアコースティック・アレンジが癒やしの感覚をももたらしてくれるような特別な時間。ライブ中、KO-ICHIROは「こんなにライブを恋しく思ったのは今までの人生でも一番かも知れない」とコメント。またTAKEは何度も「現場」という単語を繰り返した。「こうやって同じ現場で音楽をシェアできていろんな思いを確かめ合えることが、本当に特別なことなんだと実感しました。」

 まだまだ注意が必要な状況とは言え、そんなアーティストたちの代えがたい思いとともに走り出した【Skoop On Somebody ~Acoustic live2020~】。今後は、9月14・15日のビルボードライブ大阪公演、10月3日の再度のビルボードライブ横浜公演を経て、9月24日と10月6・7日のビルボードライブ東京公演へと続いていく。また最終日の10月7日公演(2ndステージ)では有料のライブ配信も決定しており、また違った形での音楽のシェアを実現してくれる。

 誰にとっても、当初予定していた通りの“特別な1年”ではなくなってしまった2020年。だが、音楽は、またそれとは別の形で、スペシャルな何かに変えてくれるのかも知れない。S.O.S.の新たなステージからは、その気配のようなもの感じられるはずだ。ぜひ会場で、そして配信で、彼らの歌と、そこから感じられる思いに触れてみてほしい。


◎公演概要
【Skoop On Somebody ~Acoustic live2020~】

ビルボードライブ横浜
9/6(Sun)1st Stage Open 15:30 Start 16:30 / 2nd Stage Open 18:30 Start 19:30<終了>
10/3(Sat)1st Stage Open 15:30 Start 16:30 / 2nd Stage Open 18:30 Start 19:30

ビルボードライブ大阪
9/14(Mon)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30
9/15(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

ビルボードライブ東京
9/24(Thu)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30
10/6(Tue)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30
10/7(Wed)1st Stage Open 17:30 Start 18:30 / 2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

◎配信概要
【Skoop On Somebody ~Acoustic live2020~】の最終公演の有料配信が決定。
10月7日(水)2nd Stage(Start 21:30)@Billboard Live TOKYO
※詳細は後日発表予定。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい