Dragon Ashが7人編成ラストライブ開催「ロックバンドがライブをやれないより千倍いい」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Dragon Ashが7人編成ラストライブ開催「ロックバンドがライブをやれないより千倍いい」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Dragon Ashが7人編成ラストライブ開催「ロックバンドがライブをやれないより千倍いい」

Dragon Ashが7人編成ラストライブ開催「ロックバンドがライブをやれないより千倍いい」


 ダンサー2名を含む7人編成で活動を続けていたDragon Ashが、9月4日、7人編成でのラストライブ【DRAGONASH LIVE “DEPARTURE”】を、TACHIKAWA STAGE GARDENで開催。当日はリアルタイムのオンライン配信も行われ、可能な限りの感染予防対策を行いながらの有観客とオンラインによる、ハイブリッド・ライブとなった。

 【DRAGONASH LIVE “DEPARTURE”】は、メンバーとして共に歩んできたダンサー、ATSUSHIとDRI-Vの2人がバンドを離れて新たな道を進む、”DEPARTURE=旅立ち”のためのラストライブだ。2人がDragon Ashに正式加入したのは、2003年。開演前の場内には、その時代の空気が蘇るネオヒップホップやR&Bが流れ、壁面には歴代のツアーでATSUSHIが使用したツアーフラッグが飾られていた。3密回避のため、この日の会場への入場人数は、通常のキャパシティの半分以下に制限。座席は全席指定。ステージ上のスクリーンには「新型コロナ感染症拡大防止対策のお願い」として、マスクorフェイスシールドの着用、指定の席のみでの観覧、大声禁止、終演後の規制退場などのアナウンスが流れる。ステージと観客の自由と一体感を信条に、ライブハウスにこだわり活動してきたDragon Ash。それだけに、自分たちの信条の真逆ともいえる条件下で行われる7人編成でのラストライブへの思いが、並々ならぬものであることは容易に想像が出来る。

 19時を少し過ぎた時、このライブのために書き下ろされたアンビエントな曲「DEPARTURE」が流れ、未公開のレア映像を含む、様々なダンスシーンで構成された映像がステージ上のスクリーンに映し出された。静かにスクリーンが上がると、そこには赤いフーディ姿のダンサー、ATSUSHIが。着席が義務づけられた2階&3階席を除き、アリーナの全観客が席から立ち上がると同時に場内から大きな拍手が沸き起こる。いつもならこの瞬間、場内には割れんばかりの大歓声が響いていたはずだ。ATSUSHIに続いてダンサー、DRI-Vが同じく赤いフーディ姿で登場。やがて各々のダンスがシンクロし、ステージの背後に【LIVE “DEPARTURE”】のロゴが浮かぶ。そしてバンドメンバー5人がステージに現れると、客席の拍手が手拍子に変化。Kjが笑顔で、「(もっともっと!)」というジェスチャーで観客をうながす。一気に高まる手拍子の中、音楽への強い思いを謳う「A Hundred Emotions」がスタート。ATSUSHIとDRI-Vの旅立ちに捧ぐ宴の始まりだ。

 この日のセットリストは、ATSUSHIとDRI-Vの思いが込められたスペシャルなものとなった。「Aim High」、2人が正式加入した2003年発表の7thアルバム『HARVEST』収録の「Harvest」、ポストロックな匂いを放つ「Shade」、ラテン期の名曲「Beautiful」など、近年のツアーやフェスでは滅多に演奏されない楽曲や、ダンサーの動きが鍵となる楽曲が多数披露された。Dragon Ashのロゴやアイコンが浮かぶグラフィックポイのパフォーマンスをDRI-Vが見せた後、ファンからのメッセージが書き込まれたフラッグを使ってATSUSHIが踊った「Ode to Joy」。ステージ中央に設置されたお立ち台の前にLED照明の檻が出現した、仮面をつけたDRI-Vがアグレッシブに踊る「Blow Your Mind」。とりわけ圧巻だったのが、オレンジ色に染まるステージの上、リズムに合わせてダンサーが足を踏み鳴らす「Neverland」のアウトロのドラムが、いつしか「陽はまたのぼりくりかえす」のイントロへと繋がるシーンだ。98年と14年の楽曲が融合していく様が体感出来たあの場面は、バンド×ダンスを追求してきた7人編成でのDragon Ashの集大成、と言っても過言ではないほど、勇壮で美しいものだった。

 97年のデビュー以来、作品ごとに音楽性やスタイルを進化させ、シーンに多大な影響を与え続けているDragon Ash。とくにダンサーが正式メンバーとして加わったことは、2003年当時の邦楽シーンではあり得ないことであり、ファンの間でも賛否が分かれた。そのことはダンサー2人も十分にわかっていた。それでも加入直後のインタビューで、「ここでしか出来ないことをやりたい」「ダンサーとして新たな道を切り開きたい」と語っていた2人。アウェイな状況では率先してオーディエンスを扇動し、ステージの最前線でDragon Ashの音楽を身体で表現。どんな時もライブを華やかに盛り上げ続ける2人の姿は、いつしかDragon Ashに欠かせないものとなった。格闘技のようなキレのあるブレイクダンスを魅せるDRI-V。ミクスチャーロックにコンテンポラリーダンスを持ち込んだATSUSHI。骨太なロックバンド&ユニークなダンサーズという唯一無二の存在感で、Dragon Ashは邦楽ロック界が誇るライブモンスター・バンドとなった。

 「Fantasista」はそんなバンドの最強のライブアンセムであり、ダンサー加入後の約20年、ライブで欠かさず披露され、ATSUSHIの背中姿でスタートする定番のキラーチューンだ。その曲が、ここ最近の無観客や制限のあるフェスでは一切披露されていない。
 「もともとみんなのシンガロングでやってきたバンドだし、今日みたいにそれがないと、俺、こんなに歌うとこあるんだって思った(笑)。でも、(制限がある中でライブを行うことは)ロックバンドがライブをやれないより千倍いいと思ってる。次の曲は、今までみたいなライブが出来るようになる日まで二度とやんないから。でも今日は7人のスペシャルだから、やらせてください」(Kj)
 観客のシンガロングやモッシュありきのDA流パーティーチューンだからこその封印。それを解き、披露されたこの夜の「Fantasista」では、いつもなら観客の歌声が響く箇所をドラムの櫻井とターンテーブルのBOTSが代理で熱唱。「腹の底から声あげろ~!」と2人に向かってKjが叫ぶと、「(お前こそ!)」とばかりにKjを指差すBOTS。その傍ら、故・IKUZONEと編み出した跳び箱パフォーマンスを、T$UYO$HIの背中を飛び越えて披露するDRI-V。KenKenとも繰り広げたDRI-Vの跳び箱パフォーマンスを目撃出来るのも、もうこれが最後だ。

 本編ラストに披露されたのは、次の人生を歩む友に捧ぐ曲「TIME OF YOUR LIFE」だった。観客のシンガロングに代わり、Kjと櫻井がデュエット状態で歌い合うレアな場面では、<響け親愛なる人へ♪>というフレーズを、<響け親愛なるダンサーズ♪>にチェンジ。旅立つ2人へのはなむけのようなその歌に応えるように、ATSUSHIがエモーショナルなダンスを披露し、DRI-Vが躍動感あふれるステップを踏む。

 「Dragon Ashに関わらせてもらえて20年。他では味わえない特別な経験がたくさん出来ました。今の自分があるのもDragon Ashのおかげ。みんなが支えてくれたことが自分のパフォーマンスに繋がっています。今までありがとうございます」
「DANCE WITH APPS」で始まったアンコールでは、DRI-Vが思いを綴った手紙を読み上げ、続けてATSUSHIがDragon Ash全員と、故IKUZONE、KenKen、現在のサポートベーシスト、T$UYO$HIへの感謝を告げた後、新たな決意を語る。
「それまで道端で踊っていたから、Dragon Ashとして初めて野外フェスで3万人を前にした時は武者震いしました。建志(Kj)の作る曲と言葉で踊るのはとても心地よく、やりがいがありました。これからはソロダンサー、舞踏家として、コンテンポラリーダンスの次を生み出したい。難しいと思うけど、日本人ダンサーとして世界最高峰を目指したい。男たるもの、楽な道より茨の道を選びたい。これからもよろしくお願いします」

 2人の言葉を受け、「悲しい別れをいっぱい経験してきたバンドなんで、最後は笑顔で終われたらと思います」とドラムの櫻井。7人編成でのラストライブのファイナル曲は、「Viva la revolution」。会場の照明がすべてともされ、IKUZONEが作り出した両腕をV字に挙げるVivaポーズを、ステージと観客が笑顔でキメる。客席からは笑顔しか見えないが、オンラインの画面越しにはきっと、ダンサーの温かな涙が映し出されていることだろう。2人の旅立ちは、5人組としてのDragon Ashの新たな一歩でもある。
「ない知恵絞ってこういう形で開催して、これが正しいかはわからないけど、何もしないよりはずっとマシだと思う。例えばいつの日か、この場所がモッシュピットになって、もみくちゃになるまでバンドは続けようと思います。その日まで、みなさんも音楽をずっと好きでいてください」
 最新曲「ダイアログ」の演奏前にそう語っていたKjの言葉が蘇る。別々の道を歩む5人と2人がそれぞれ次の夢をつかむ日まで。汗まみれの笑顔でいつものように楽しめるライブが出来る日まで。その道のりが例え茨の道だとしても、彼らなら必ず、力強い音を歌い奏でながら切り開いてくれるに違いない。

Text by 早川加奈子
Photo by TAKAHIRO TAKINAMI


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい