かわさきジャズ公認レポーターになれるワークショップが決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

かわさきジャズ公認レポーターになれるワークショップが決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
かわさきジャズ公認レポーターになれるワークショップが決定

かわさきジャズ公認レポーターになれるワークショップが決定


 【かわさきジャズ公認レポーターのためのワークショップ】が、10月3日にミューザ川崎シンフォニーホール 研修室にて開催されることが決定した。

 本イベントは、かわさきジャズが未来(ミライ)に輝く人材を育成&サポートする企画「ミライ研究室」として、2019年よりスタート。2回目となる今回は、音楽のみならずレジャーや食レポなど幅広いフィールドで活躍するフリーライター・岡本貴之氏が講師を担当する。

 そして、モデレーターを務めるBillboard JAPAN.comの高嶋直子編集長とともに、「ライブレポートとは?」「ライブ映像を見てみよう!」「レポートのタイトルをつけてみよう」など、ワークショップ形式でライティングの基礎講座が行われる。ワークショップに参加すると、その後に開催される「かわさきジャズ」関連イベントで実際にライターを担当することができる。

◎実施概要
【かわさきジャズ公認レポーターのためのワークショップ】
2020年10月3日(土)14時~15時半予定 ※オリエンテーション含む
ミューザ川崎シンフォニーホール 研修室
参加費:2,000円(資料代・公認レポーターPASS発行代)
応募条件:高校生以上、「かわさきジャズ2020」関連イベントを1回以上観覧し、イベントレポートの執筆が可能な方。
ライター経験は不問、<文章を書くことが好きな方><ライターのお仕事に興味がある方><自分の文章でかわさきジャズの魅力を広めたい方>大歓迎
応募方法:facebookのイベントページもしくはメール

講師:岡本貴之(フリーライター)
1971年新潟県生まれのフリーライター。Billboard JAPAN、OTOTOY、BARKS、Rolling Stone Japanといった音楽系WEB媒体の他、マイナビニュースでのグルメ記事等、幅広く取材・ 執筆している。2019年4月2日に初の著書となるインタビュー集『I LIKE YOU 忌野清志郎』(河出書房新社)を発売した。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい