『8月28日はなんの日?』数々のMVも手がける映画監督、デヴィッド・フィンチャーの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『8月28日はなんの日?』数々のMVも手がける映画監督、デヴィッド・フィンチャーの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『8月28日はなんの日?』数々のMVも手がける映画監督、デヴィッド・フィンチャーの誕生日

『8月28日はなんの日?』数々のMVも手がける映画監督、デヴィッド・フィンチャーの誕生日


 8月28日は映画『セブン』や『ソーシャル・ネットワーク』などを手掛けたデヴィッド・フィンチャー監督の58歳の誕生日。

 デヴィッド・フィンチャーは1962年8月28日、アメリカ・コロラド州生まれ。1992年に『エイリアン3』で監督デビューを果たして以降、『セブン』(1995年)や『ファイト・クラブ』(1999年)、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008年)などのヒット作を生み出してきた。2010年にはFacebookの創設を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』で【アカデミー賞】こそ逃したものの、【ゴールデングローブ賞】ほか世界の名だたるアワードにて<監督賞>を受賞した。

 また、フィンチャーは映画監督デビュー以前から多数のミュージックビデオも手掛けており、これまでにザ・ローリング・ストーンズの「ラヴ・イズ・ストロング」(1995年)、ジャスティン・ティンバーレイクの「スーツ&タイ feat. ジェイ・Z」(2014年)の2作品が【グラミー賞】で<最優秀ミュージックビデオ賞>に輝いている。

 近年は映画だけでなくドラマシリーズの製作にも携わっており、Netflixオリジナルドラマ『ハウス・オブ・カード 野望の階段』、『マインドハンター』の監督を務め話題に。そして『ゴーン・ガール』(2014年)以来、約6年ぶりの長編映画となる『Mank(原題)』もNetflixにて年内公開が予定されている。同作は『市民ケーン』の脚本家、ハーマン・マンキーウィッツの生涯を描いたもので、ゲイリー・オールドマンが主演、スコアをトレント・レズナーとアッティカス・ロスが担当する。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい