【ビルボード】YOASOBI「夜に駆ける」13週目のストリーミング首位 BTS新曲「Dynamite」7位デビュー 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】YOASOBI「夜に駆ける」13週目のストリーミング首位 BTS新曲「Dynamite」7位デビュー

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】YOASOBI「夜に駆ける」13週目のストリーミング首位 BTS新曲「Dynamite」7位デビュー

【ビルボード】YOASOBI「夜に駆ける」13週目のストリーミング首位 BTS新曲「Dynamite」7位デビュー


 2020年8月31日付(集計期間:2020年8月17日~8月23日)のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、YOASOBIの「夜に駆ける」が9,710,793回再生を記録して、通算13週目となる首位を獲得した。累計は1億5,000万回を突破している。

 前週2位だった米津玄師の「感電」は当週も2位となり、これで初登場週から3週連続で順位をキープしたことになる。再生回数は前週比86%となる8,282,548回再生で、勢いに陰りが見え始めたものの、高水準は保ったままだ。米津はほかに、6位に「Lemon」、8位に「馬と鹿」がエントリーしており、当週は計3曲をトップ10内に送り込んでいる。

 3位には、こちらも前週と同じく瑛人の「香水」がエントリー。そして前週5位だったNiziUの「Make you happy」が、当週は順位を一つ上げて4位に入った。また、前週7位だったあいみょん「裸の心」は、前週からわずかに再生回数を増加させ、5位にランクアップ。同曲を主題歌としたドラマ『私の家政夫ナギサさん』は、4週連続で平均世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)の自己最高記録を更新しており、来週の最終回に向けて盛り上がりが加速していくことが予想されるため、ここから楽曲の注目度もさらに上昇していく可能性が高い。

 当週7位で初登場したのは、BTSが8月21日にリリースした最新シングル「Dynamite」。併せて発表されたミュージックビデオは、公開から24時間で1億110万回再生を記録し、YouTubeにアップロードされたミュージックビデオによる“24時間最多再生回数”の新記録を達成した。

 SNSでのバズから人気に火が付いたオレンジスパイニクラブの「キンモクセイ」は、ストリーミング再生回数の伸びも右肩上がりで、7月27日付チャートで初登場を果たし、前週は20位まで上昇したが、当週は13位をマークして自己最高記録をさらに更新。週間再生回数は前週比104%の3,715,180回再生となっており、着実に知名度を拡大していることが窺える。


◎【Streaming Songs】トップ10
1位「夜に駆ける」YOASOBI(9,710,793回再生)
2位「感電」米津玄師(8,282,548回再生)
3位「香水」瑛人(7,073,670回再生)
4位「Make you happy」NiziU(6,163,117回再生)
5位「裸の心」あいみょん(5,777,889回再生)
6位「Lemon」米津玄師(5,586,825回再生)
7位「Dynamite」BTS(5,410,413回再生)
8位「馬と鹿」米津玄師(4,749,899回再生)
9位「Pretender」Official髭男dism(4,461,541回再生)
10位「I LOVE...」Official髭男dism(4,362,532回再生)

※()内はストリーミング再生回数


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい