ミーガン・ジー・スタリオン/サム・ハント/ナサニエル・レイトリフなど、レッド・ロックスのヴァーチャル・コンサートに出演

2020/08/26 13:58

ミーガン・ジー・スタリオン/サム・ハント/ナサニエル・レイトリフなど、レッド・ロックスのヴァーチャル・コンサートに出演
ミーガン・ジー・スタリオン/サム・ハント/ナサニエル・レイトリフなど、レッド・ロックスのヴァーチャル・コンサートに出演


 レッド・ロックス・アンフィシアターと言えば音楽好きやアーティストにとっては死ぬまでに一度は行きたい、公演を行いたい伝説的な会場だが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、現在は閉鎖され、コンサートやイベントは開催されていない。この度、米ベライゾンのオール・デジタル・ワイアレス・キャリアであるVisibleによって同会場からのヴァーチャル・コンサートの体験が可能になる。
 【Red Rocks Unpaused】と題されたこのスペシャル・ヴァーチャル・コンサート・シリーズは、現地時間2020年9月1日から3日までの3日間にわたり開催される。9月1日はナサニエル・レイトリフ・アンド・ザ・ナイト・スウェッツが、スペシャル・ゲストにフィービー・ブリジャーズを迎えて登場し、9月2日にはカーディ・Bとの「WAP」が大ヒット中のミーガン・ジー・スタリオンがリル・ベイビーとダブル・ヘッドライン公演を行い、9月3日はカントリー・アーティストのサム・ハントがブレット・ヤングとパフォーマンスする。
 「レッド・ロックスは全てのアーティストが演奏したいと思う素晴らしい会場です」と2017年に同会場で演奏したハントは米ビルボードに語った。「カントリー音楽のファンだけのためではなく、これらのショーのヘッドライナーは今最も勢いのあるアーティストです。ラインナップの一員になれて光栄です」と述べた。
 ハントは新型コロナウイルスのパンデミックが始まって以来、ヴァーチャル・コンサートを行っておらず、今年初めに予定していたキップ・ムーアとのツアーをキャンセルしている。今回のライブでは今年初めにリリースした『サウスサイド』からの曲も披露する予定だ。
 「セットリストを作ったばかりで、最初のアルバムからいくつか演奏し、新しい曲をいくつか演奏するのを本当に楽しみにしています」とハントは言う。「今の状況を考えると、どんな形式でも演奏できることはプラスですし、参加したいですね。ラインナップに加えてもらえて嬉しいです」と説明した。
 このショーには、インタラクティブな要素がいくつか含まれ、観客のチャット・メッセージが、アーティストが見えるようにレッド・ロックスの会場を囲む山肌に表示され、観客は火炎装置の打ち上げを手助けしたり、照明を調整したり、さらにはコンサートの最後の曲に投票することも可能になる。
 「消費者とファンはこれまで以上に繋がりとコミュニティを渇望しています」とVisibleの最高マーケティング責任者であるミンジェ・オームは声明で述べた。「私たちのブランドの中心にある音楽で、同じ考えをこのコンサート・シリーズに適用し、コンサートの未来を再定義します」と続けた。
 このヴァーチャル・コンサートは、日本時間9月2日の午前11時からTwitterのライブ・イベント・ページとイベントの公式サイトにて、無料で視聴できる。

あわせて読みたい

  • ポール・マッカートニー/デイヴ・グロール/エルヴィス・コステロなど、米プリザベーション・ホールのヴァーチャル救済ライブに出演

    ポール・マッカートニー/デイヴ・グロール/エルヴィス・コステロなど、米プリザベーション・ホールのヴァーチャル救済ライブに出演

    Billboard JAPAN

    6/23

    ナイン・インチ・ネイルズ、故デヴィッド・ボウイ「ファッション」のカヴァー映像公開

    ナイン・インチ・ネイルズ、故デヴィッド・ボウイ「ファッション」のカヴァー映像公開

    Billboard JAPAN

    1/26

  • テイク・ザット、ロビー・ウィリアムス参加のヴァーチャル・コンサート開催へ

    テイク・ザット、ロビー・ウィリアムス参加のヴァーチャル・コンサート開催へ

    Billboard JAPAN

    5/20

    ハワード・スターン、ビートルズの『リボルバー』50周年記念にオールスターを集める

    ハワード・スターン、ビートルズの『リボルバー』50周年記念にオールスターを集める

    Billboard JAPAN

    10/3

  • 故デヴィッド・ボウイ、生誕74年を祝うヴァーチャル・イベントの豪華出演者が明らかに

    故デヴィッド・ボウイ、生誕74年を祝うヴァーチャル・イベントの豪華出演者が明らかに

    Billboard JAPAN

    1/7

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す