ファレル&ジェイ・Z、米誌タイムと連動したニューSG「Entrepreneur」リリース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ファレル&ジェイ・Z、米誌タイムと連動したニューSG「Entrepreneur」リリース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ファレル&ジェイ・Z、米誌タイムと連動したニューSG「Entrepreneur」リリース

ファレル&ジェイ・Z、米誌タイムと連動したニューSG「Entrepreneur」リリース


 ファレル・ウィリアムスとジェイ・Zがタッグを組み、新曲「Entrepreneur」を現地時間の2020年8月21日にリリースした。この楽曲は、米誌タイムの特集“The New American Revolution”との連動企画で、米国で黒人が起業する難しさがテーマだ。

 タイムの特集は、タイラー・ザ・クリエイターやアンジェラ・デイヴィスなどの活動家たちが、米国で黒人が直面し続けてきた組織的な差別に関して詳述し、変化をもたらすには文化、教育、スポーツ、政策において平等を実現することが鍵であることを語る内容となっている。

 タイムが公開したプレビューによると、新曲でファレルは、「この状況で選択肢がなく/“組織”は若い黒人男子を投獄する/ホワイト・ノイズで気を散らす」などとラップしている。彼はインタビューで、米国で起業家(Entrepreneur)になることの難しさを表現したかったと話している。

 「特に有色人種としては、組織的に不利な立場に置かれたり、意図的に妨害されることが多い。医療、教育、representation(レプリゼンテーション、この場合は有色人種が特定の職業にいる割合)において不利な立場からのスタートを強いられたら、どうやって火を起こせばいいんだ、火を起こすために必要な燃えさしを入手する望みすらないのに」と彼は述べている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい