フェニックス、約3年ぶりの新曲「Identical」をリリース

2020/08/20 14:16

フェニックス、約3年ぶりの新曲「Identical」をリリース
フェニックス、約3年ぶりの新曲「Identical」をリリース


 現地時間2020年8月20日、フェニックスが、約3年ぶりとなる新曲「Identical」をリリースした。同曲は、ソフィア・コッポラ監督による映画『On The Rocks』に起用されており、公開されたばかりの映画の予告編にもフィーチャーされている。
 フェニックスは、Apple Original FilmsとA24製作による映画のスコアとサウンドトラックの選曲を担当している。バンドとソフィア・コッポラ監督による映像作品におけるコラボレーションは5度目で、コッポラが2003年の監督作『ロスト・イン・トランスレーション』にフェニックスの「Too Young」を起用したのが初タッグとなる。フェニックスのフロントマンのトーマス・マーズとコッポラ監督は2011年に結婚している。
 ソフィアの兄ローマン・コッポラが手がけた「Identical」のミュージック・ビデオも公開されており、バンドは楽曲とMVを、昨年他界した長年のコラボレーターで親友のフィリップ・ズダールへ捧げている。

あわせて読みたい

  • フェニックス 約4年ぶりとなる来日ツアーが決定

    フェニックス 約4年ぶりとなる来日ツアーが決定

    Billboard JAPAN

    9/24

    奇才フランソワ・オゾン監督の映画『Summer of 85』、音楽は仏エレクトロデュオ“AIR”のジャン=ブノワ・ダンケルが担当

    奇才フランソワ・オゾン監督の映画『Summer of 85』、音楽は仏エレクトロデュオ“AIR”のジャン=ブノワ・ダンケルが担当

    Billboard JAPAN

    7/26

  • カンヌの女王・ニコール・キッドマンは4作品に出演、70回記念名誉賞受賞

    カンヌの女王・ニコール・キッドマンは4作品に出演、70回記念名誉賞受賞

    dot.

    5/29

    字幕翻訳家・戸田奈津子さん 「コッポラ監督が私の人生を変えた」

    字幕翻訳家・戸田奈津子さん 「コッポラ監督が私の人生を変えた」

    週刊朝日

    5/24

  • 沖野修也、大沢伸一ら京都出身のアーティストも参加。伊右衛門サロン京都の空間を音楽で表現したCDが発売

    沖野修也、大沢伸一ら京都出身のアーティストも参加。伊右衛門サロン京都の空間を音楽で表現したCDが発売

    Billboard JAPAN

    12/26

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す