【ビルボード】Twenty★Twenty「smile」430,038枚を売り上げ総合首位獲得 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】Twenty★Twenty「smile」430,038枚を売り上げ総合首位獲得

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】Twenty★Twenty「smile」430,038枚を売り上げ総合首位獲得

【ビルボード】Twenty★Twenty「smile」430,038枚を売り上げ総合首位獲得


 2020年8月24日付(集計期間:2020年8月10日~8月16日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、Twenty★Twentyの「smile」が総合首位を獲得した。

 新型コロナウイルス感染拡大防止を支援する活動『Smile Up!Project』の一環として、ジャニーズ事務所所属グループ全15組・75人が参加したチャリティー・シングル「smile」は、Mr.Childrenの櫻井和寿が作詞・作曲を手掛けたということもあり、告知直後から注目を集めた。先行デジタル解禁となった6月22日週では、ダウンロード1位、ストリーミング32位で総合5位をマーク。シングル・リリースとなった当週は初週売上430,038枚でCDセールス1位、ルックアップ1位で2冠を達成し、他指標ではTwitter 2位、ダウンロード43位、ラジオ46位と、フィジカル2指標のポイントが牽引して“JAPAN HOT 100”総合首位を獲得した。

 ストリーミング指標での激しい首位争いが前週予想された米津玄師の「感電」とYOASOBIの「夜に駆ける」。当週は「感電」が9,538,402再生、「夜に駆ける」が9,768,877再生という結果となり、YOASOBIが制したが、非常に僅差であるため、次週も予想が付きにくい状況だ。ちなみにダウンロード指標では「感電」が27,875DL、「夜に駆ける」が20,767DLで、こちらは米津玄師に軍配が上がった。総合順位では「感電」が徐々に差を詰めるものの、「夜に駆ける」の動画再生回数が2位以下にダブルスコア以上の大差を付けているため、それを覆すにはまだまだ時間がかかりそうだ。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[-]「smile」Twenty★Twenty(430,038枚・3,079DL・-)
2位[2]「夜に駆ける」YOASOBI(-・20,767DL・9,768,877再生)
3位[3]「感電」米津玄師(-・27,875DL・9,538,402再生)
4位[5]「香水」瑛人(-・23,816DL・7,513,346再生)
5位[4]「HELLO」Official髭男dism(12,243枚・20,321DL・3,706,761再生)
6位[6]「Make you happy」NiziU(-・9,416DL・6,603,952再生)
7位[9]「裸の心」あいみょん(1,125枚・19,917DL・5,717,186再生)
8位[8]「Lemon」米津玄師(-・-・6,973,117再生)
9位[13]「I LOVE...」Official髭男dism(1,042枚・10,091DL・4,629,806再生)
10位[12]「Pretender」Official髭男dism(-・9,193DL・4,824,502再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい