フューチャー・アイランズ、3年ぶりのニューAL完成&新曲「Thrill」解禁 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

フューチャー・アイランズ、3年ぶりのニューAL完成&新曲「Thrill」解禁

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
フューチャー・アイランズ、3年ぶりのニューAL完成&新曲「Thrill」解禁

フューチャー・アイランズ、3年ぶりのニューAL完成&新曲「Thrill」解禁


 フューチャー・アイランズが、前作『The Far Field』以来3年ぶりとなる待望の新作『As Long As You Are』を2020年10月9日にリリースする。今回合わせて新曲「Thrill」のMVが公開されている。

 サミュエル・T・ヘリング(vo)、ゲリット・ウェルマーズ(key、prog)、ウィ リアム・キャッション(b、g)によって、2006年に結成され、米ボルチモアを拠点に長年活動するフューチャー・アイランズ。前作に引き続きマイケル・ローリー (dr)をリズムの屋台骨に迎え、地元ボルチモアで一年以上をかけ制作したニュー・アルバムがいよいよリリースされる。

 前作『The Far Field』をリリース後、大型フェスティバルにおけるメイン・ステージでの熱狂的なパフォーマンスに加え、1年間で180本以上のライブを2年に渡り敢行したワールド・ツアーを経て、今や米ボルチモアを代表するバンドとなったフューチャー・アイランズ。最新作『As Long As You Are』は、彼らの代名詞であるシンセ・サウンドのレイヤーに磨きがかけられ、精度と質がスケール・アップした演奏のグルーヴにより破格のシンセ・ポップ作品となった。

 最新作『As Long As You Are』は、彼らが活動拠点として長年過ごしている地元ボルチモアのWrightway Studiosにて一年以上かけて録音を進めた。プロデューサーには、オマー・ロドリゲス・ロペス(マーズ・ヴォルタ)やビーチ・ハウスなど地元ボルチモ アのバンドを数多く手掛けるスティーヴ・ライトを起用し、バンドの化学反応によるエッセンスを細部にまで注入させた。

 ポスト・アポカリプスを暗喩させるような叙情的で物語性に富んだリリックと、サミュエル・T・ヘリングの情熱的な咆哮がメロディアスな演奏にこだまする先行シングル「For Sure」には、サード・アルバム『On the Water』以来の共演となるジェン・ワズナー(ワイ・オーク)を起用。更にフューチャー・アイランズ作品では欠かせない朋友カトリーナ・フォード(セレブレーション)も参加し、彼らの故郷である米ノース・カロライナに流れるタール川に思いを馳せるバラード曲「Thrill」、不穏な世界情勢を想起させるリリカルな歌詞と、ハープによ る弦楽器のオリエンタルな響きに新たな楽曲面での進化を垣間見せる「City's Face」など、レトロ・ウェイヴやシンセ・ウェイヴの現代的な音色とリンクしながら、バンド結成時から大切にする疾走感とエモーショナルなロック・バンドとしての演奏を結実させた楽曲が並んでいる。

 最新作『As Long As You Are』は、サミュエル・T・ヘリングが描く世界の断面をシンセ・ポップスの拡大と進化で加速させ、現代の困難を乗り越えるための希望の物語に溢れている。

 国内盤CDにはボーナス・トラックが追加収録予定で、歌詞対訳と解説書が封入される。またiTunes Storeでアルバムを予約すると、現在公開中の「For Sure」と今回公開された「Thrill」がいち早くダウンロードできる。

◎リリース情報
アルバム『As Long As You Are』
2020/10/9 RELEASE
4AD0270CDJP / 2,200円(plus tax)
国内盤特典:ボーナス・トラック追加収録 / 解説書・歌詞対訳封入

Photo: Justin Flythe


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい