【ビルボード】米津玄師『STRAY SHEEP』が歴代2位の週間総合ポイントを記録して堂々の総合アルバム1位 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】米津玄師『STRAY SHEEP』が歴代2位の週間総合ポイントを記録して堂々の総合アルバム1位

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】米津玄師『STRAY SHEEP』が歴代2位の週間総合ポイントを記録して堂々の総合アルバム1位

【ビルボード】米津玄師『STRAY SHEEP』が歴代2位の週間総合ポイントを記録して堂々の総合アルバム1位


 2020年8月17日付(集計期間:2020年8月3日~8月9日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、米津玄師の『STRAY SHEEP』が総合首位を獲得した。

 米津玄師にとって通算5枚目のオリジナル・アルバム『STRAY SHEEP』は、前作から約2年半ぶりにリリースされた。CDセールスは当週881,576枚を売り上げており、これはソロ・アーティストでは、Billboard JAPANがCDアルバム売上の集計を開始した2008年以降、2017年11月に発売された安室奈美恵のオールタイム・ベスト『Finally』が記録した最多初週累計1,039,484枚に次ぐ多さとなる。また、ダウンロード数は105,263DLで、こちらは集計史上最多の週間ダウンロード数を記録。ルックアップも1位を記録し、2位に圧倒的な差をつけて総合アルバム首位となった。

 そして『STRAY SHEEP』が当週記録した総合ポイントは、2019年7月8日に嵐の『5×20 All the BEST!! 1999-2019』が初週で記録した週間総合ポイント歴代1位の記録に次ぐ歴代2位である。よって、ソロ・アーティストでは歴代1位の週間総合ポイントを記録したことになる。ちなみに、歴代3位は2017年11月20日付に初週となった安室奈美恵の『Finally』が記録しており、『5×20 All the BEST!! 1999-2019』と『Finally』はともに初週でデジタル解禁はなかった。

 総合2位には、ずっと真夜中でいいのに。の『朗らかな皮膚とて不服』が初登場でチャートイン。CDセールスは当週27,656枚を売り上げて2位で、ダウンロード数も4,631DLで2位を記録。ルックアップでは6位を記録しており、『STRAY SHEEP』には及ばなかったものの、バランスよくポイントを積み上げた。総合3位には、前週の本チャートで首位を獲得したヨルシカの『盗作』がチャートイン。CDセールス8位、ダウンロード3位、ルックアップ14位という結果だ。

 当週トップ10に初登場したのは、総合8位の声優10周年イヤーとなる東山奈央のキャラクターソング・ベスト・アルバム『Special Thanks!』と、総合9位のEMPiREのミニ・アルバム『SUPER COOL EP』の2作品となった。

 また、Official髭男dismの『Traveler』が前週10位から当週は5位に上昇。そして、米津玄師の『BOOTLEG』は前週25位から当週12位に上昇している。Official髭男dismは8月5日に『HELLO EP』、米津玄師は前述のとおり『STRAY SHEEP』をリリースしており、新作のリリースによって過去作が上昇するというチャート変動が起こっている。新作のリリースによって新規リスナーが過去作を掘るという行動がよく見える結果となった。


◎【HOT ALBUMS】トップ10
1位『STRAY SHEEP』米津玄師
2位『朗らかな皮膚とて不服』ずっと真夜中でいいのに。
3位『盗作』ヨルシカ
4位『MAN WITH A “BEST” MISSION』MAN WITH A MISSION
5位『Traveler』Official髭男dism
6位『LIVE : live』AK-69
7位『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』BTS
8位『Special Thanks!』東山奈央
9位『SUPER COOL EP』EMPiRE
10位『Make you happy』NiziU


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい