【ビルボード】Sexy Zone「RUN」254,983枚を売り上げ総合首位獲得 米津玄師21曲チャートイン

2020/08/12 16:42

【ビルボード】Sexy Zone「RUN」254,983枚を売り上げ総合首位獲得 米津玄師21曲チャートイン
【ビルボード】Sexy Zone「RUN」254,983枚を売り上げ総合首位獲得 米津玄師21曲チャートイン


 2020年8月17日付(集計期間:2020年8月3日~8月9日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、Sexy Zoneの「RUN」が総合首位を獲得した。
 海外進出を視野に入れた活動を展開するためにレコード会社を移籍し、新たに立ち上げた<Top J Records>からの第一弾となる「RUN」は、シングル初週売上254,983枚をマークして、CDセールス、ルックアップ、Twitterで1位となり、3冠で総合首位に立った。昨年10月にリリースされた前作「麒麟の子」はシングル初週売上が161,590枚で、今回はそれを大きく超える新レーベルの門出に相応しい好スタートとなった。
 アルバム『STRAY SHEEP』のリリースと同時にストリーミングを全曲解禁した米津玄師は、DAOKO×米津玄師の「打上花火」を含め100位以内に21曲がチャートインした。これは昨年11月の嵐による全シングル表題曲のストリーミング解禁による22曲チャートインに次ぐ記録だ。最上位の「感電」(総合3位)は、ストリーミング再生数が8,446,086回で2位を記録。ストリーミング1位のYOASOBIの「夜に駆ける」は、再生数が10,171,337回と自己キャリア最高値となる週間再生数を更新し続けており、約172万回のストリーミング差を「感電」が逆転するか、次週のチャート展開に注目だ。

◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[-]「RUN」Sexy Zone(254,983枚・-・-)
2位[2]「夜に駆ける」YOASOBI(-・19,191DL・10,171,337再生)
3位[9]「感電」米津玄師(-・17,360DL・8,446,086再生)
4位[14]「HELLO」Official髭男dism(50,302枚・16,144DL・3,007,995再生)
5位[3]「香水」瑛人(-・12,176DL・8,084,355再生)
6位[6]「Make you happy」NiziU(-・10,071DL・7,052,809再生)
7位[1]「カイト」嵐(44,436枚・-・-)
8位[51]「Lemon」米津玄師(-・-・6,802,435再生)
9位[8]「裸の心」あいみょん(1,199枚・15,558DL・5,635,735再生)
10位[10]「紅蓮華」LiSA(2,228枚・14,042DL・3,828,334再生)
※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】302,533枚を売り上げたSTU48「風を待つ」総合首位獲得 あいみょんアルバム発売で13曲チャート・イン

    【ビルボード】302,533枚を売り上げたSTU48「風を待つ」総合首位獲得 あいみょんアルバム発売で13曲チャート・イン

    Billboard JAPAN

    2/20

    【ビルボード】208,778枚を売り上げTWICE 「Fanfare」が総合首位 米津玄師「感電」初登場2位

    【ビルボード】208,778枚を売り上げTWICE 「Fanfare」が総合首位 米津玄師「感電」初登場2位

    Billboard JAPAN

    7/15

  • 【ビルボード】LiSA「炎」と『LEO-NiNE』で史上初のダブル総合首位獲得

    【ビルボード】LiSA「炎」と『LEO-NiNE』で史上初のダブル総合首位獲得

    Billboard JAPAN

    10/21

    【ビルボード】米津玄師「Lemon」ダウンロード倍増 3冠で39週ぶりに総合首位返咲き

    【ビルボード】米津玄師「Lemon」ダウンロード倍増 3冠で39週ぶりに総合首位返咲き

    Billboard JAPAN

    1/8

  • 【ビルボード】200,885枚を売り上げKis-My-Ft2「HANDS UP」が3冠で総合首位獲得 ヒゲダン「宿命」総合7位に初登場

    【ビルボード】200,885枚を売り上げKis-My-Ft2「HANDS UP」が3冠で総合首位獲得 ヒゲダン「宿命」総合7位に初登場

    Billboard JAPAN

    7/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す