【ビルボード】LiSA「紅蓮華」アニメ首位に返り咲き、「打上花火」&米津玄師が上昇 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】LiSA「紅蓮華」アニメ首位に返り咲き、「打上花火」&米津玄師が上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】LiSA「紅蓮華」アニメ首位に返り咲き、「打上花火」&米津玄師が上昇

【ビルボード】LiSA「紅蓮華」アニメ首位に返り咲き、「打上花火」&米津玄師が上昇


 2020年8月17日付(集計期間:2020年8月3日~8月9日)のBillboard JAPANアニメチャート“JAPAN Hot Animation”で、TVアニメ『鬼滅の刃』のオープニング曲であるLiSAの「紅蓮華」が1位に輝いた。

 前週2位だった「紅蓮華」はダウンロード、ストリーミング、カラオケの3指標で1位、ラジオとCD読み取り回数のルックアップで2位、動画再生3位、CDセールスとTwitterで4位と、高いポイントをキープして、2週ぶりにトップに返り咲いた。全国で【全集中展】の開催やユニクロコラボTシャツの発売、そして玩具やたこ焼きなど今後もアニメとマンガのコラボ展開が目白押しで、『鬼滅』ブームはまだまだ続きそうだ。ちなみに10月16日公開の『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎」はTwitter 1位を記録しており、このTwitter指標のみで12位にチャートインしている。

 2週連続でトップに立っていたSixTONESの「NAVIGATOR」(TVアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』オープニング曲)は、CDセールスとルックアップで1位、Twitter 2位、ラジオ4位、動画再生9位で2位にチャートイン。先日、本アニメのシリーズ構成・脚本を担当する岸本卓によって10月に舞台化されることが発表された。

 当週大きな動きを見せたのが「打上花火」と米津玄師だ。「打上花火」は映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』の主題歌で、8月7日に地上波初放送されたことが影響でポイントが上昇。ラジオでは1位を記録した。また、8月5日にストリーミング配信をスタートした米津玄師は、昨年6月に公開された映画『海獣の子供』の主題歌「海の幽霊」がストリーミング2位、2017年放送のTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』第二期のオープニング曲だった「ピースサイン」がストリーミング6位を記録して、久々にトップ10に入った。またトップ10圏外だが、8月7日に公開を迎えた『映画ドラえもん のび太の新恐竜』の主題歌であるMr.Childrenの「Birthday」はラジオ3位、ルックアップ4位、ダウンロード5位で15位にチャートインしている。


◎【JAPAN Hot Animation】トップ10
1位「紅蓮華」LiSA
2位「NAVIGATOR」SixTONES
3位「イエスタデイ」Official髭男dism
4位「花に亡霊」ヨルシカ
5位「ハルノヒ」あいみょん
6位「インフェルノ」Mrs. GREEN APPLE
7位「打上花火」DAOKO × 米津玄師
8位「海の幽霊」米津玄師
9位「ピースサイン」米津玄師
10位「ANIMA」ReoNa


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい