ケリー・クラークソン、サイモン・コーウェルの代役として『アメリカズ・ゴット・タレント』の審査員に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ケリー・クラークソン、サイモン・コーウェルの代役として『アメリカズ・ゴット・タレント』の審査員に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ケリー・クラークソン、サイモン・コーウェルの代役として『アメリカズ・ゴット・タレント』の審査員に

ケリー・クラークソン、サイモン・コーウェルの代役として『アメリカズ・ゴット・タレント』の審査員に


 現地時間2020年8月10日、米人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』初代優勝者のケリー・クラークソンが、自身のインスタグラムに2日前に電動自転車の事故で手術をしたサイモン・コーウェルのピンチヒッターとして、今週火曜と水曜の『アメリカズ・ゴット・タレント』に審査員として出演を発表する“緊急メモ”を投稿した。

 「私の友達であるサイモン・コーウェルは事故に遭い、今は良くなりましたが、火曜と水曜の“アメリカズ・ゴット・タレント”の生放送には出演できません」とケリーはインスタグラムで述べ、「でも、アメリカの皆さん、心配しないでください。もっと賢くて、クールで、ホットな誰かが彼の代役を務めます。それは、信じられないほど素晴らしいケリー・クラークソンです。どういたしまして」と続けた。

 米ハリウッド・リポーター誌は、サイモンが、米カリフォルニア州マリブで電動自転車の試験運転後に背中を骨折したことを確認し、『エンターテイメント・トゥナイト』はサイモンが土曜日に6時間にもおよぶ手術を受け、背中に金属の棒を挿入したと報じている。

 サイモンは日曜日の夜、Twitterで自身の容体について「私の背中の一部が骨折しました。みなさんの親切なメッセージに感謝いたします。そして、看護師や医師に多大なる感謝を致します。今まで出会った中で素晴らしい人たちです」と綴っていた。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい