【先ヨミ】米津玄師『STRAY SHEEP』50万枚超えでアルバム首位独走中 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ】米津玄師『STRAY SHEEP』50万枚超えでアルバム首位独走中

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ】米津玄師『STRAY SHEEP』50万枚超えでアルバム首位独走中

【先ヨミ】米津玄師『STRAY SHEEP』50万枚超えでアルバム首位独走中

 今週のCDアルバム売上レポートから2020年8月3日~8月5日の集計が明らかとなり、米津玄師『STRAY SHEEP』が509,127枚を売り上げて首位を走っている。

 前アルバム『BOOTLEG』から約2年半ぶり、通算5枚目のオリジナルアルバムとなる今作には、Billboard JAPANの総合ソング・チャート“HOT 100”で2年連続1位を獲得した「Lemon」をはじめ、「Flamingo」「馬と鹿」などのシングル曲、ドラマ『MIU404』主題歌の「感電」、Foorin「パプリカ」や菅田将暉「まちがいさがし」のセルフカバーなど、全15曲が収録されている。

 『STRAY SHEEP』は、初動3日間で509,127枚を売り上げており、この数字は、男性ソロアーティストとしては、Billboard JAPANがCDアルバム売上の集計を開始した2008年以降、過去最高の初動売上となる。また本作は、出荷枚数100万枚を突破しており、現時点の消化率は50%超えと、順調にセールスを伸ばしているようだ。

 続いて、ずっと真夜中でいいのに。の3rdミニアルバム『朗らかな皮膚とて不服』が、速報2位に登場。同作には、「お勉強しといてよ」「MILABO」を含む計6曲の新曲が収録されており、初回生産限定盤には、全曲のオフボーカルとYouTubeで公開されている「サターン [Acoustic ver.]」がボーナストラックとして収録されている。『朗らかな皮膚とて不服』は、2019年6月にリリースされた前ミニアルバム『今は今で誓いは笑みで』の初動3日間売上16,118枚を上回る20,977枚を、現在までに売り上げている。

 3位には、EMPiREのミニアルバム『SUPER COOL EP』が6,223枚を売り上げチャートイン。また4位と5位には、声優の新作が並んだ。4位は、活動10周年を迎えた東山奈央のキャラクターソングアルバム『Special Thanks!』。本作は、東山奈央がこれまで歌ってきた200曲以上のキャラクターソングから、本人自らセレクトした楽曲が収録されている。


◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2020年8月3日~8月5日)
1位『STRAY SHEEP』米津玄師(509,127枚)
2位『朗らかな皮膚とて不服』ずっと真夜中でいいのに。(20,977枚)
3位『SUPER COOL EP』EMPiRE(6,223枚)
4位『Special Thanks!』東山奈央(5,874枚)
5位『Water Drop』石原夏織(3,943枚)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい