【ビルボード】米津玄師「感電」が7.3万DLでDLソング首位キープ、ReoNa/BTS/Division All Starsがトップ10入り 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】米津玄師「感電」が7.3万DLでDLソング首位キープ、ReoNa/BTS/Division All Starsがトップ10入り

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】米津玄師「感電」が7.3万DLでDLソング首位キープ、ReoNa/BTS/Division All Starsがトップ10入り

【ビルボード】米津玄師「感電」が7.3万DLでDLソング首位キープ、ReoNa/BTS/Division All Starsがトップ10入り


 2020年7月27日付(集計期間:2020年7月13日~7月19日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”は、米津玄師の「感電」が73,728ダウンロード(DL)を売り上げて、首位をキープした。

 前週記録した158,572からDL数が半減してるものの、「感電」は2位に大差をつけて2週連続No.1となった。他指標では勢いを落すことなく、ラジオで首位死守、動画再生では前週5位から当週2位へ上昇し、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”では2位を維持した。

 TVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』の2ndクールのオープニング・テーマに起用されているReoNaの「ANIMA」は、37,567DLを獲得して2位に初登場。DLが牽引し、“JAPAN HOT 100”で16位デビューを果たしているが、本日7月22日にフィジカル盤がリリースされたことで、次週はさらなるチャート・アクションが期待できそうだ。

 前述の「ANIMA」を含む計4曲が、当週はトップ10圏内にデビューし、混戦となった。6位にはBTSの「Your eyes tell」、8位にはDivision All Starsの「Survival of the Illest」、そして10位には765 MILLION ALLSTARSの「Glow Map」が初登場。BTSの「Your eyes tell」は、Twitter 4位、ストリーミング6位と他指標でも好スタートを切り、“JAPAN HOT 100”で8位に初登場した。また、同曲が収録された『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』は、総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で堂々の首位に輝いている。

 なお当週は、4月6日付の“Download Songs”以来、初めてトップ10すべての楽曲のDL数が1万を超えた週となった。



◎【Download Songs】トップ10
1位「感電」米津玄師(73,728ダウンロード)
2位「ANIMA」ReoNa(37,567ダウンロード)
3位「香水」瑛人(24,601ダウンロード)
4位「裸の心」あいみょん(19,607ダウンロード)
5位「Laughter」Official髭男dism(18,844ダウンロード)
6位「Your eyes tell」BTS(17,159ダウンロード)
7位「夜に駆ける」YOASOBI(14,802ダウンロード)
8位「Survival of the Illest」Division All Stars(13,020ダウンロード)
9位「紅蓮華」LiSA(12,191ダウンロード)
10位「Glow Map」765 MILLION ALLSTARS(10,709ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい