映像で音楽を語るプレイリストサービス「RecTV」スタート 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映像で音楽を語るプレイリストサービス「RecTV」スタート

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映像で音楽を語るプレイリストサービス「RecTV」スタート

映像で音楽を語るプレイリストサービス「RecTV」スタート


 レコチョクのスマートフォン向け無料音楽動画配信アプリ「RecTV」が、2020年7月21日より音楽ファンの想いを映像とメッセージでプレイリスト化できるサービスとしてリニューアルした。

 それぞれのシーンに想いやおススメコメントなどメッセージを載せたプレイリストは、個人で楽しむだけでなく、「RecTV」内での公開やTwitterへ投稿も可能。映像でアーティストや音楽への“愛”を語り、発信する、新しい音楽の楽しみ方を提供する。

 プレイリストは、RecTV公式アカウントが提供する新譜やランキング、年代・ジャンル別にまとめたものから、「踊れる!4つ打ちダンスビートの邦楽曲特集」「有名芸能人が出ているMV」など映像ならではの切り口でまとめたものまで、さまざまなテーマのプレイリストを用意。さらに、著名人や音楽好きなプレイリスターが作成したプレイリストも順次公開予定だ。また、ユーザー参加型のキャンペーン、 アーティストとコラボしたオリジナル企画も実施し、 ここだけのプレイリストを充実させていく。

 なお、 映像はスマホに特化した縦型プレイヤーでも視聴可能、縦横両方に適応したUIで利用できる。

 そして本日より、RecTVアプリ内で出題されるテーマにあわせてプレイリストを投稿するチャレンジ企画「プレイリストチャレンジ」が実施される。再生回数1位のプレイリストを投稿したユーザーにはプレゼントもあり。第一弾のテーマは、「#わたしの夏の代名詞」「#2020おうち夏フェス」「#推しについて語る」「#すごすぎて語彙力を失うダンスシーン」の4つとなる。


◎サービス情報
「RecTV」
対応デバイス:スマートフォン(iOS/Android)
https://rectv.jp/


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい