サラ・オレイン、初の無観客配信ライブを開催決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サラ・オレイン、初の無観客配信ライブを開催決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
サラ・オレイン、初の無観客配信ライブを開催決定

サラ・オレイン、初の無観客配信ライブを開催決定


 ヴォ―カリスト・ヴァイオリニストとして活躍するサラ・オレインが、自身初の配信ライブ【~No Ordinary Live~土曜の夜のサラ・オレイン】を8月1日にビルボードライブ横浜からイープラスのストリーミングサービスStreaming+(ストリーミングプラス)で配信することを決定した。

 本配信は、構成・脚本・演出すべてをサラ・オレインが担当し、オンラインだからこそできるトークやスキット、そして音楽などを届けるエンターテインメント・ショーだ。また、過去に開催されたコンサート【シネマ・ミュージックwithサラ・オレイン】は各地で好評を博し、アルバム・DVDも発売された。そして今回、将来は映画を撮るのが夢という「表現者」サラ・オレインならではのステージとなっている。

 楽曲はオリジナル曲やジャンルを超えた多彩なプログラム、そして先日逝去した映画音楽の作曲家・エンニオ・モリコーネ氏の「シネマ・パラディーゾ」(映画『ニュー・シネマ・パラダイス』より)などが披露される。さらに、メッゾ・ソプラノの歌姫キャサリン・ジェンキンスの最新アルバムに収録されている、デュエットが実現した坂本龍一の「メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス(遥か彼方に)」(映画『戦場のメリークリスマス』より)を、アルバム発売記念として、サラ・オレインによるソロ・バージョンでパフォーマンスする予定だ。

 なお、配信ライブの後はリアルタイムで視聴者との交流を楽しむ「Sarah Bar」をオープンする予定だ。


◎サラ・オレイン コメント
時代はどんどんオンラインへとシフト。中々皆さんに会えない、ライブを実現できない寂しさが続く。「生」に勝るものはないと思う身として、考えさせられる。逆に、オンラインだからできることとは何か?ただのライブではない、正に “No Ordinary Live“というコンセプトに至りつく。映画を作りたいという思いも重なり、生配信ならではの演出に拘りたい。少人数の素晴らしいチームとお届けする大人の空間でのエンターテインメント。カメラワーク、スキット、画面の前の皆さんとのリアルタイム“Interaction”。そして「さらば」するのにまだちょっと早いと思う方には、特別カウンター“Sarah Bar(サラバー)”にてよりパーソナルなひと時を。オンラインだからこそ今しか見られない、表現者サラ。普段ライブに足を運べない方々、ご家族でも見てもらいたい『土曜の夜のサラ・オレイン』開幕。

◎配信情報
【~No Ordinary Live~土曜の夜のサラ・オレイン】
2020年8月1日(土)19:00~20:00(予定)
チケット:3,500円(tax in)
※Sarah Bar(別途チケット必要) 20:30~21:00終了予定
チケット:1,000円(tax in)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい