【先ヨミ・デジタル】米津玄師「感電」2週連続首位なるか ReoNa『SAO』主題歌が登場 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【先ヨミ・デジタル】米津玄師「感電」2週連続首位なるか ReoNa『SAO』主題歌が登場

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【先ヨミ・デジタル】米津玄師「感電」2週連続首位なるか ReoNa『SAO』主題歌が登場

【先ヨミ・デジタル】米津玄師「感電」2週連続首位なるか ReoNa『SAO』主題歌が登場


 GfK Japanによるダウンロード・ソング売上レポートから、2020年7月13日~7月15日の集計が明らかとなり、米津玄師の「感電」が33,357ダウンロード(DL)を売り上げて現在首位を走っている。

 「感電」は先日発表された最新ダウンロード・ソング・チャートで初登場1位を獲得(集計期間:7月6日~7月12日)。現在2位との差は9,000DL以上離れており、どこまでDL数を伸ばすかに注目だ。また本作のミュージックビデオは7月14日に自身最速となる1,000万再生回数を記録。17日現在で早くも1,410万回を超えている。

 2位にはReoNaの「ANIMA」が24,090DLで初登場。本作はTVアニメ『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld』の主題歌で、7月22日に発売されるシングルから7月13日に先行配信された。すでに自己最多の週間DL数を記録しており、このまま順位をキープすればReoNa初のトップ10入りとなる。

 そして3位にBTSの「Your eyes tell」がついている。10月23日公開の日本映画『きみの瞳が問いかけている』の主題歌に決まっている本曲は、13日に放送された『CDTV ライブ!ライブ!』で世界初披露。7月15日の配信と同時に発売されたアルバム『MAP OF THE SOUL : 7 ~ THE JOURNEY ~』はフィジカル売上枚数、ダウンロードともに現在1位に立っている。

 その他、7月17日より亀田誠治プロデュースで菅田将暉と石崎ひゅーいが中島みゆきの「糸」をカバーした音源が配信開始。菅田将暉はCreepy Nutsとの「サントラ」を7月1日に配信したばかりで、同曲はダウンロード・ソング・チャートで初登場8位となったことから、本作もまた目が離せない。


◎Billboard JAPANダウンロード・ソング集計速報
(2020年7月13日~7月15日の集計)
1位「感電」米津玄師
2位「ANIMA」ReoNa
3位「Your eyes tell」BTS
4位「裸の心」あいみょん
5位「Glow Map」765 MILLION ALLSTARS
6位「Laughter」Official髭男dism
7位「夜に駆ける」YOASOBI
8位「紅蓮華」LiSA
9位「運命光年」Jupiter
10位「SPARK-AGAIN」Aimer

※Billboard JAPANの週間ダウンロード・チャートはGfK Japanと米国ニールセンのデータをもとに生成していますが、先ヨミ時点の集計はGfK Japanのデータによる推定値となります。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい