Da-iCE、6か月連続リリース第一弾は、TVアニメ『ONE PIECE』主題歌に決定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Da-iCE、6か月連続リリース第一弾は、TVアニメ『ONE PIECE』主題歌に決定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Da-iCE、6か月連続リリース第一弾は、TVアニメ『ONE PIECE』主題歌に決定

Da-iCE、6か月連続リリース第一弾は、TVアニメ『ONE PIECE』主題歌に決定


 Da-iCEが 、“五感で感じるエンターテインメント”をコンセプトに音楽で五感を体感する作品を6か月連続でリリースすることを発表し、第一弾シングルとして、TVアニメ『ONE PIECE』の主題歌を担当することを決定した。

 主題歌のタイトルは「DREAMIN' ON」で、ボーカルの花村想太が作詞した力強いメッセージが心に響く疾走感あるナンバーかつ、ロックサウンドに乗せて仲間や夢を持つことの大切さ、一歩前に踏み出す勇気を描いた楽曲となっている。また、8月2日のTVアニメ「ONE PIECE」からOAで流される予定だ。

 企画プロデューサーの狩野雄太(フジテレビ)は今回の主題歌起用に、「卓越したパフォーマンスで非常に勢いを感じており、アニメ『ONE PIECE』を更に盛り上げて頂けると思い、ご一緒させて頂ければと思いました。」と語り、今回の主題歌のために書き下ろされた本作も、「キャッチーで疾走感溢れる楽曲でとても格好良いので、何回も何回も聞けます!ライブ映えもすると思います!」とコメントを寄せている。そしてDa-iCEメンバーも『ONE PIECE』のファンを公言しており、今回の主題歌決定に、作詞を担当した花村想太は、「20年以上ずっと愛してやまない『ONE PIECE』の主題歌を歌えるのは本当に幸せで感無量です。生まれてはじめて『週刊少年ジャンプ』が涙で濡れたのも『ONE PIECE』でした。夢に向かって真っ直ぐ突き進む、その大事さを今一度思い出し、子どもたちでもわかりやすいフレーズや言葉を使うように意識しながら、アニメが『ワノ国編』ということもあるので、和のテイストも入れて作詞しました。」と歌詞に込めた想いを語り、パフォーマーの岩岡徹も、「ずっと見ていて今も追っている漫画・アニメの主題歌を担当できるということが本当に信じられないです。ドッキリなのかなと、いまだに思っています(笑)」とコメント。他のメンバーもOAを見るまでは信じられず、まだ実感がわかない状態だ。

 また、8月26日にリリースされるシングル『DREAMIN' ON』には、表題曲に加え、『ONE PIECE』初代主題歌の「ウィーアー!」をメンバー5人歌唱でカバーしたDa-iCEバージョンを収録。さらに、初回盤DVDは「ウィーアー!~DREAMIN’ ON」のダンスメドレーといった、「五感」の一つである「視覚」をテーマにした、“目で見て体感する音楽”として、シングル作品にして2時間超えの映像コンテンツ(※マルチアングル/シリアル特典映像含む)が収録されている。

 メンバーは表題曲について、「サビの『自分自身』貫けというフレーズが好きで、自分にも、そして聴いてくれる人にもそう思って欲しいと思いながらパフォーマンスしています。」(和田颯)「すごく気合の入る前向きな曲です。今日は頑張るぞ!という時に是非聴いて欲しい曲です。」(大野雄大)とコメント。新たな挑戦となる6作連続リリースに対しても、「(新型コロナウイルスの影響で)通常のライブができない時期に、新しい作品を短期間で届けることができるのは嬉しいですし、楽しみにしていて欲しいなと思います。」(工藤大輝)と語っている。

 なお、エイベックスへ移籍となることも発表されたDa-iCEだが、「ABEMA」がグランドオープンさせるバーチャルステージ「ABEMAアリーナ」の第1弾アーティストとして、初となるフル3DCGによるオンラインライブツアー【Da-iCE×ABEMA ONLINE LIVE TOUR 2020 -THE Da-iCE-】の開催が決定している。


◎リリース情報
シングル『DREAMIN' ON』
<初回生産限定盤A(CD+DVD)>
AVCD-94894/B/2,300円(tax out)
<初回生産限定盤B(CD+DVD)>
AVCD-94895/B/2,300円(tax out)
<通常盤(CD)>
AVCD-94896/1,300円(tax out)
mu-mo盤(CD+グッズ)>
AVC1-94897/3,500円(tax out)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい