【ビルボード】米津玄師「感電」が15万DL超えでDLソング首位、計9曲がトップ100圏内に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】米津玄師「感電」が15万DL超えでDLソング首位、計9曲がトップ100圏内に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】米津玄師「感電」が15万DL超えでDLソング首位、計9曲がトップ100圏内に

【ビルボード】米津玄師「感電」が15万DL超えでDLソング首位、計9曲がトップ100圏内に


 2020年7月20日付(集計期間:2020年7月6日~7月12日)のBillboard JAPANダウンロード・ソング・チャート“Download Songs”で、米津玄師の「感電」が158,572ダウンロード(DL)を売り上げて、堂々の首位に輝いた。

 昨年「馬と鹿」が172,594DL、「海の幽霊」が134,911DLを初週に叩き出すという快挙を成し遂げた米津玄師は、今回も10万DL超えを記録した。綾野剛と星野源がW主演するTBS系ドラマ『MIU404』のために書き下ろされた「感電」は、7月6日に配信開始。8月5日には本曲が収録されたニュー・アルバム『STRAY SHEEP』のリリースが控えていることもあり、今後も好チャート・アクションに期待できそうだ。

 配信を受けて、米津玄師の過去の楽曲が軒並みランクアップしている。「馬と鹿」は前週29位から当週17位、チャートイン126週を誇る「Lemon」は前週34位から当週20位、「パプリカ」は前週45位から当週27位へ上昇し、計9曲がトップ100圏内にランクインしている。

 また他指標で「感電」は、ラジオとTwitterで首位、動画再生回数で5位を記録しており、総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で2位に初登場している。

 当週2曲目のトップ10初登場は、Official髭男dismによる「Laughter」で、23,997DLを売り上げて4位デビューを飾った。7月10日に配信スタートとなった、映画『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌に起用されている同曲は、ラジオ2位、ストリーミング40位を記録し、“JAPAN HOT 100”では12位についた。米津同様、Official髭男dismは8月5日に本曲収録のEP『HELLO EP』がリリースする予定で、そのプロモーションや映画相乗効果によるチャート・アクションに注目だ。



◎【Download Songs】トップ10
1位「感電」米津玄師(158,572ダウンロード)
2位「裸の心」あいみょん(26,046ダウンロード)
3位「香水」瑛人(24,027ダウンロード)
4位「Laughter」Official髭男dism(23,997ダウンロード)
5位「夜に駆ける」YOASOBI(16,651ダウンロード)
6位「紅蓮華」LiSA(14,474ダウンロード)
7位「SPARK-AGAIN」Aimer(12,751ダウンロード)
8位「Myra」Tani Yuuki(10,482ダウンロード)
9位「Make you happy」NiziU(10,455ダウンロード)
10位「Pretender」Official髭男dism(8,335ダウンロード)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい